プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳・登山編 【Day1】

7月25-26日で、白馬岳に登りに行ってきました~
昨年富士山に登った仲間たちと、誘われるがまま、、、。
いきまーす!だなんて、いきおいで言っちゃったものの、でも、山小屋一泊だなんて、アイゼンが要るだんてっ。こないだ大雪山では事故があったばっかりだしっ
ダイジョブなんやろかぁ~


前日の金曜日に白馬入りして、翌日に備え、朝は5時にタクシーに乗って上り口の猿倉まで、車で20分ほど。タクシーの運ちゃんは、冬はなんと八方スキースクールでインストラクターをしている方で、ちょっと話に盛り上がっちゃいました。
入山の書類に書いたユニット名は、「苦楽部達人」。深いイミはありませんが、イキオイで。。。
達人ことS木隊長以下6名の隊員、出発しまーす!

hakuba001.jpg hakuba002.jpg

今回の行程図はコチラ。
猿倉から大雪渓を登って、白馬岳山頂の山小屋で1泊、それからずーっと尾根伝いに歩いて、小蓮華山、白馬大池から乗鞍岳を越えて、栂池の自然園ロープウェイ口まで下ってくるコースでーす。

初日から、高低差はイッキに1600mそれって、富士山の五合目から山頂までよりもあるんですって。ますます、だいじょぶなんやろかぁ~。。。

朝6時に猿倉を登り始めて1時間ほど。途中、車が通るのを道の脇によってよけて・・・・・って、ん?ナニソレー?車が通れるってドユコトー???(笑)

でも、ここからが本番。大雪渓の入り口、白馬尻小屋に到着。ここから先は、正真正銘、人の足でしか登れません。 
その向こうに広がるのが大雪渓。7月も終わりだとゆーのに、まだたくさん雪が残ってます。

hakuba003.jpg hakuba004.jpg

アイゼンつけたら、こんなカンジ。初めてです。駅前のショップでレンタルしてきたの。山頂の山小屋で返却できるそーです。
hakuba005.jpg

天気がいまひとつだったのだけれど、登り始めたら、ぱぁ~っと青空が広がってきて・・・!!
Photo by So
IMGP2037.jpg

大雪渓の途中では、落石のキケンがあるので休まないで!って。。。
2-3時間はかかるのに、途中休みナシですわよ。ゼィ、ゼィ。。

hakuba007.jpg hakuba008.jpg

そこらじゅうに大きな石がゴロゴロしてるのね。これ、全部落石???
どやっておっこってくるんやろか??と思ってあたりを見回していたら、「パリーン!カラカラ」みたいな音がして。音の方向に目をやると、雪渓のわき道みたいなところから、大きな石の塊が転がり落ちていく場面に遭遇!!  「ラク~っ」と叫んで、下の人たちに知らせるのがオキテなんだそうだけど、ちょっと!ビビッただわよ。だって、人の列のあたりを突っ切って転がり落ちていったし、ものすごい速さなんだもん。。。あれ、あたったらホント、大変だわ!!

しばらくすると、雲の上にでましたー。雲海、キレイ~
hakuba009.jpg

一足先に雪渓を抜けた私と隊長は、お昼ごはんの場所探しに、岩場をさらによじ登る。。ぜんぜん平らにならないじゃなーい!急だよ、急!
クルマユリが大雪渓を見下ろしてます。見える?アリンコ軍隊みたいな行列が一列になってワシワシ登ってきます。。。
人ってちっぽけだなぁ~、と、妙に感動。
hakuba010.jpg

岩場のスミで、お昼ご飯ターイム。
ココで、なんと私はブヨにおでこを刺された!!!あっという間に腫れが広がって、おでこにでっかいタンコブみたいなのができちゃった。ひぃ~ん。このあと3、4日腫れがひかなくて、ひどい目にあいました。
hakuba015.jpg hakuba018.jpg

岩場の葱平(ねぶっかぴら)を抜けると、今度は小雪渓を横切りマース。
この看板、スリップ注意のほうはわかるんだけど、滑落注意の方は、どう見てもよろこんで自ら飛び出している人にしか見えない。。。(笑) でも、ここ、マジで滑落したらシャレにならない高さと傾斜です。振り出しに戻るなんて、絶対イヤよ~!!
hakuba020.jpg hakuba021.jpg

E子と私、スキーヤー的には、「ん~、いい斜面だっ!」
DSC00184.jpg

この行程、何がキケンて、大雪渓抜けてから次の山小屋まで6時間ぐらいかかるのに、トイレがないっ もう、このあたりからタイマーがピコピコ言い出した私は、先に行くね!と猛ダッシュでガシガシ登る登る。この右上の山小屋目指して!イザとなったときの人間の力って、すごいもんだな、とわれながら感心!

DSC00186.jpg

小屋についたとたん、外は雨が本格的に。。。
しばらく休んでから、ここから山頂ヒュッテまでは30分ほど。あともう少しでーす!
一瞬、富山県側から日本海が見えましたー。お天気がよければ、ここからの眺望はスバラシイはず。。。
hakuba023.jpg

14時ごろには到着ー。
山頂ヒュッテは、意外にも巨大!ストーブもたかれていて、結構快適。

hakuba024.jpg hakuba025.jpg

でも、ついたら外はしっかり雨。低気圧が近づいているらしく、風もだんだん強くなってきているし。
外にお散歩にはいけないので、一休みしてからレストランでかんぱーい!
高山病でプチ・グロッキーなE子は、そのままストーブの前で倒れてます。
標高3000mちかいこんなところで、ホラ、ちょっとしたビアホールみたいでしょ?ワインやケーキなんかもあって、ヨーロピアンなムードたっぷりだったのでした。
右は本日の夕飯。ハンバーグ定食ぅ!あったかいご飯が食べられるのは、本当にうれしいことです!

DSC00197.jpg hakuba026.jpg

夕食後は雨風さらに激しさを増して、小屋がふっとぶんじゃないかぐらい揺れてました。。。
そんな中でも、よく食べ、よく寝る健康優良児は、8時には一番乗りでオヤスミナサイ。。。

【Day2】につづく・・・

スポンサーサイト

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

<< 白馬岳・登山編 【Day2】 | ホーム | ひさびさに石鹸3本仕込み【石鹸】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。