プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多良間島・海編

実は、今回、肝心のデジカメをもって行くのを忘れてしまって。。。
ハウジングも、チャージャーもしっかり荷物の中に入れたのに、前日まで持ち歩いていたデジカメ本体をカバンに入れ替え忘れて。アカ~ン!!

しかーし!そこは転んでもタダでは起きぬむみたんでして、中日の1日、ショップでデジカメをレンタルしてもらっちゃいました。しかも、フィッシュアイレンズと外付けストロボ付き。
珊瑚が見渡す限り広がるワイド三昧な多良間の海には、むしろよかったんじゃないかぐらいの感じです。

多良間の海は、島のまわりと、船で30分ぐらいのところにある水納島の周辺にこんなにポイントがたくさん。
島で唯一のショップJAWSIIのシュウさんが、この7年の間に開拓されたポイント。
潮目やゲストのレベルなどにあわせて、その日、その時間にベストなポイントをチョイスしてくれるので、どんなところかは毎回潜ってみてのお楽しみ。

CA3B0150.jpg


ショップのスタッフの皆さんは、とっても気持ちのいい方かちばかりでした。
夜のログ付けのときには、多良間の海や、島での生活のこと、世界のいろいろな海での体験から海外旅行の話まで、と話は尽きず。。。

本当は、1日目に潜った水納島が、透明度、魚影、オオモノ度合いともにナンバー1だったのだけれど、その日は写真は撮れず。
カメラを借りたのは2日目だけなので、これらはみんなその1日に見た世界デス。珊瑚と白砂、青い海の世界をどうぞ~!

まず、なんといってもびっくりしたのは、一面に広がる元気な珊瑚たち。
1種類の珊瑚が大きく広がっているのは見たことあるけれど、こんなにいろいろな種類の色とりどりの珊瑚がひしめきあっているのを見たのは初めて!盆栽みたいにかわいいのが、折り重なるように広がっています。


2010_05150009.jpg
 

透明度は、20-よいときは35mぐらいはあったと思う。
初日が一番よくて、2日目、3日目と少しにごり目になってきてしまったけれど、本来は多良間ブルーといわれるほどの明るくスコーンと抜けた世界。

2010_05150019.jpg 2010_05150015.jpg

キンメモドキとスカシテンジクダイがぐっちゃり群れていた根。

2010_05150016.jpg  

クマノミさんも、珊瑚の間の隠れ家的イソギンチャクからこんにちは。  
 
2010_05150021.jpg 


 2010_05150023.jpg

梅雨明け後、本来ならば、ベタなぎのハズな季節なんだけど、どういうわけだか今年は梅雨前線がなかなかあがっていかず、梅雨明け直後に吹く南風がずーっと続いている。。。と。
海は外洋に面しているので、うねりもけっこーありましてねぇ。
初日は、寝不足だったし、疲れもたまっていたこともあってか、めったにならない船酔いを体験してしまいました。
んー、あれはつらいなぁ~。潜っている方がラクだわね。
2日目からは、睡眠もタップリ、念のためにとSakiちゃんからもらったよいどめ薬も飲んで、ゆれる海にも負けないゾ、と。

こんな地形も楽しめます。

2010_05150025.jpg  2010_05150028.jpg 
    
 うわぁ~っ!

2010_05150030.jpg  
 
 
2010_05150031.jpg  

このポイントは、「癒しのドリフト」。
癒し系の海かと思いきや、大潮だったこともあって、どこのポイントもどの時間帯も流れが結構強いです。
この流れが、キレイな砂文をつくってくれるんだって。
白い砂の上を飛ぶように流れていくドリフトはサイコーに気持ちいいよ!
ぽちぽちと現れる根にかじりついては流されてー。
  
 2010_05150036.jpg

白砂があまりにも気持ちよかったので、途中でフィンを脱いでしばらく遊んでいたら、、、。
ふっと振り返ると、アラ。みんな脱いじゃって、だーれもフィンはいてないじゃない!(笑)
スローモーションのコメツキバッタのよーに、ぴょんぴょんと飛び跳ねながら、流されていくーー。。。

2010_05150046.jpg   
 
2010_05150045.jpg

2010_05150048-1.jpg  

カラフルなハナゴイたち。
チュークの海も、明るさと透明度では負けないくらい素敵だったけれど、多良間の海は、そこにマグロやサメなどのオオモノも参戦してくるのが違うところ。
 
2010_05150050.jpg   

最後の1本は、カメさんがあっちにもこっちにも出没していました。
(Photo by Saki)
2da1.jpg

エギジット前の水面を見上げて。
 
2010_05150060.jpg  

オマケ。
今回、初日に300本目を迎えたむみたんですが、水中でこんな記念撮影を。
夜のログ付けのときに、シュウさんが、これをプリントしてフォトフレームにセットしたものをプレゼントしてくれました!
なんてうれしいサプライズ! 青がキレイ~。ありがとうございます! 

Sakiちゃんも、ラストダイブでめでたく333本!ゾロメだよ。
 
2010_07100004.jpg    f86a.jpg

今回ご一緒させていただいたゲストの皆さんは、多良間の海に見せられたリピーターさんや、ハネムーンで滞在されていたご夫婦(んー、そんなハネムーンも素敵!)、多良間は初めてだけど沖縄を月2のペースで潜り倒しているツワモノ、北は北海道からはるばるやってきた方などなど。短い滞在ではあったけれど、途中入れ替わりながらいろいろな方たちとの出会いがありました。

陸編もお楽しみに~!
 
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< 多良間島・陸編 | ホーム | 多良間島にきています >>


コメント

マイカメラ忘れてしまったのは、ちょっと残念でしたけど

写真良い感じに撮れてますね!

300本記念の写真もとってもキレイで
良い思い出になりますね♪

写真見てたらますます多良間に戻りたくなりました(^w^)

Re: タイトルなし

あむさん

どうしようかな、と思ったけれど、借りてよかったですー。
水納島の写真がないのが残念!

今ごろはもうまたオキナワですね?いいな~。
私はしばらく写真を眺めて指をくわえてます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。