プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬・栂池へリスキー(3/15)

えー、ちょっとバタバタしていてアップできていなかったのだけれど、3月中旬に白馬・栂池のヘリスキーに行ってきました!

土曜日は雨だったので断念して八方で滑り、日曜日に曇り空の中を栂池高原へ。

 

3/14から春にかけて、1万円で栂池高原のゴンドラ中間駅のヘリポートから、ロープウェイ終点よりも更に上の天狗原まで連れて行ってくれるというもの。

実は、このコース、何年か前にはクラブのバックカントリー企画で、ロープウェイ終点からスキー板を担いで自力で登ったことがあります。2時間ぐらいかけて。。。あー、あれはしんどかったけれど、でも、景色はすばらしかった!

 

朝のうちは、山頂付近はまだあつい雲に覆われています。ヘリも天候待ちでまだ待機中。

受付で整理券をもらうと、もう50番目ぐらいです。たくさんの人が待っていました。

DSC00683.jpg

 

お昼頃になって、パーッと青い空が見えはじめると、あっという間に雲がなくなっていきます。

ゲレンデには、ヘリ飛行開始のアナウンスが!やったー!!


DSC00690.jpg

ちょっと絵になる感じの1枚。スキー場のパンフレットにありそうな感じじゃない? 
DSC00693.jpg

DSC00689.jpg  DSC00685.jpg

2機のヘリが5人ずつ、ピストンで山頂との間を往復していて、この日は2時半の終了までの間に150人ぐらいを運んでいたようです。かっこいい!
DSC00695.jpg 

誓約書にヘリのチケットと、滑走ルートの地図。

山頂からは、自力で降りてくるのだけれど、雪崩の発生エリアには入らないように、と注意されました。


DSC00697.jpg  DSC00701.jpg

音とか、風とか、迫力あって、順番待ちしながら見ているだけでもテンションあがりますぅ~。
DSC00703.jpg  DSC00707.jpg

山頂のヘリポートで。 
DSC00717.jpg

 

向こう側に見えるのは、日本海です。

乗っている時間は5分ぐらい。ぐんぐんと高度をあげていって、山の稜線を超えると、突然、ぱーっと視界が開けるんです。その瞬間は、乗っている人たちも「うぉーっ!!」と思わずみんな声をあげてました。


DSC00718.jpg 

DSC00719.jpg

ヘリが帰っていくと、そこは物音ひとつない世界。風邪の音と、春の太陽と。。。

飛行機雲が青い空にキレイな直線をえがいていました。

DSC00721.jpg 

ヘリポートは日本海側。そこから反対側の天狗原まで、板を担いで10分ほど歩きます。

これが結構しんどい!だって、標高は2000m以上あるもんね。

DSC00723.jpgDSC00724.jpg 

 

あのですね。昨年の夏に白馬岳に山登りをしたのだけれど、どうやらこのあたりは、そのときに下山ルートで通ったところあたりらしいのです。

一面雪景色なので、風景がまったく変わってしまっているから、一体あの行程のどのあたりだったのか、ぜんぜん分からないっ(笑)

 

天狗原から更に上を目指して登っている人たちもいました。
DSC00728.jpg

 

天狗原のほこら。このあたりでちょっと一息、休憩してから滑り始めます。 
DSC00730.jpg

 

白馬の山は、すごいよー。大迫力!!!この、山が迫ってくる感じ、写真だとちょっと伝わらないかなぁ。
DSC00731.jpg


DSC00733_20100316023919.jpg

向こうの方に見える尾根が八方尾根です。ゲレンデが見えるでしょ?
DSC00734.jpg 
 

・・・と、写真はココマデ。

実は、このあと、なんとカメラを落としてしまったのです!

滑り始めて少し下ったところで、また写真をとろうと思ったら、「ないっ!!」

・・・で、前日携帯電話なくした騒動(これは結局おやつ袋の中から出てきて大爆笑だったのだけれど)もやらかしていた私に、半分呆れ顔のえみタンに促され、山頂まで30分ほど大汗かきながら登って探してみたのですが、見付からないっ!!

疲れとともにガックリうなだれながら、気温と黄砂のおかげでひじょーに滑りにくいことになっていたルートを重い脚(というか板?)と格闘しながらおりてきました。

景色はサイコーなんだけど、雪がねぇ。。。

 

そんでもって、何でこの写真が載せられたのかって?

いやぁ~、実は、ダメもとでふもとのパトロールオフィスに立ち寄って聞いてみたら、「カメラの落し物、届いているみたいですよ」とのこと。

祈るような気持ちで、ゴンドラの管理オフィスに行ってみると。。。

「あーっ!!それです、ソレ!!!」

私がえっちらおっちら登っている間にすれ違ったに違いない誰かが、届けてくれたんですね。
アリガトウゴザイマス!

あーん、よかったぁ。日本はやっぱりいい国だなぁ。。。

 

・・・というわけで、無事カメラも手元に戻ってきてほっとした私たちは、ゲレンデを後にして温泉に入ってから渋滞の中を帰っていきましたとさ。チャンチャン。

 

 

スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

<< いるかバルーン | ホーム | グリーンクレイとシルクの石鹸 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。