プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート・デモキャンプ

週末は、クラブで谷川SAJデモに講師をお願いしてのプライベートキャンプでした!

土日とも天気は晴れ
どこのスキー場にもたくさん雪が降っているのかと思いきや、菅平はなんと、あんまり雪が降っていないようで。。。
それでも、雪質はまずまず。気温は3月下旬かと思うぐらい、汗ばむぐらいの陽気です。
ん~、3月連休のクラブのキャンプまで雪もつんかな~。ちょっと心配デス。
DSCF4587.jpg DSCF4588.jpg

今回参加したのは、全部で12名。
例年、トレーニングキャンプという企画モノを1月にだいたいやっているのですが、いつもは普段はいけないちょっと遠くのゲレンデまで足を延ばして滑り込みをしよう!と、北海道や東北方面に出かけていました。
今年は、少し趣向を変えて、ということで、担当マネージャーのM田さん(みんなで持ち回りで担当しているんです)が企画してくれました!ありがとう~
DSCF4591.jpg

リフトの上から。林の間から漏れる光も、春に向かって徐々に力強さを増している感じです。
DSCF4592.jpg

土曜日一日と、日曜日の午前中まで。タップリ1日半のレッスンでーす。
DSCF4616.jpg DSCF4618.jpg

土曜日の朝は、ファミリーゲレンデで軽くウォーミングアップを兼ねたフリースキーから始まりました。
1日目のテーマは、「力まずリラックスして滑ること」と、「切り替えのときの谷側への重心移動」

最初はニュートラルポジションを一度経由することを意識して、谷足の股関節、ひざを緩めることでターン始動する練習を何本かやったあと、そこに板に対して垂直に、外足は踏み込んで、内足は引いていく「ペダルプッシュ」の動きを手の補助動作を使いながらやりました。
裏太郎ゲレンデでの小回りでは、「前のめりにならず、カカト側にしっかり重心をのせること(特にターン後半)」と、「腕の構えを広くとること」、それから「重心をもっと低く!」の3点を意識しての繰り返し練習。この3つを意識するだけで、随分とみんな滑りに安定感が出てきました。

午後は、裏太郎ゲレンデや白金ゲレンデ、日の出と移動しながら、バリエーショントレーニングをしました。
ストックを置いて、午前中にやった「ペダルプッシュ」、それから「ハンドル操作」をイメージして、ターン後半で体軸をニュートラルに戻して谷側に自然に傾けていく練習です。
山周りでの「フットブレーキ」じゃなくて、谷周りでの「エンジンブレーキ」を使えるように。(・・・って話は、夜の飲み会のときに出たんだっけかな!?)

コレは、「ペダルプッシュ」のときのお手本滑り。
DSCF4619.jpg DSCF4620.jpg

TEAM SWANS。ゴーグルです。スポンサーのメーカーに送ってあげるんだと。
IMGP0272-2.jpg


最後は、3月に準指受験を控えているtsuruちゃんののリクエストで、今年から新しく検定種目になった「横滑り」でポジションチェック。
種目としては、「斜滑降から横滑り⇒停止」という山周りでの制動的な要素の表現が求められていますが、より実践的なトレーニングとしては、「静止状態から板の角付けの角度を緩めてナナメ前に進む横滑り」を練習してみるとよいよ!とのこと。このときの動きが、切り替えから谷周りの動きに繋がっていくんだよ、と。
重心位置の移動(ちょっと前、そして谷)と角付け(谷脚の膝の角度)の微妙なコントロールで、板のトップが自然に少し下を向いてスルスルっと滑りだしていきます。うん、なるほど!滑りながらだとごまかせちゃうけれど、こうやって静止状態から動こうとすると、感覚をつかみやすいのかもしれないなぁ。

結局4時近くまでタップリ教えてもらっちゃいました★
それからシュナイダーゲレンデに戻って、何本かフリーで。
日が沈むのがだんだん遅くなってきたので、リフトの営業時間も長くなってきています。
ここでも春が近づいているんだなぁ、というのを実感

夕食の後は、部屋でプチ宴会。
1月~2月にお誕生日を迎えたメンバーが3人もいたので(私もね!)、ベルニナ(私たちの菅平の定宿)のママさんが手作りで焼いてくれたケーキでお祝いでーす。
DSCF4653.jpg DSCF4654.jpg

2日目の日曜日は、1日目にやった横の動きに「前後の動きをプラスする」トレーニングを中心に、最後は時間が来るまで白金ゲレンデで滑り込みです。ここでも終始、「ポジションは低く!」「腕の構えは広く!」ね!
「前後」とういと、「前」を意識しすぎて頭が突っ込んでしまいがちだけれど、「前」を使うには、むしろ「一度しっかり後ろ(カカト側)に戻す」を意識した方がよいとのこと。前後に「動き」を出す為には、常に「前」だと動きようがないでしょ、ってことね
言われてみれば当たり前なんだけど、目からウロコだったかも!
それから、頭が出ちゃいがちな場合は、腕が狭くて引っ込んでいる場合が多いので、広げて前に出す(手だけじゃなくて、肩甲骨から肘にかけてもね。)ことを意識するだけで大分前後バランスをとりやすくなるし重心の位置も下げやすくなる、っていうのも分かりやすかったかな。ポジション修正のコツとして。
そう、腕って結構重いんですよね!ボディワークのトレーニングのときにも、直立の姿勢から腕の位置で重心の位置がどう変化するかっていうのを体感するエクササイズをやったけれど、それとも通じるものがあるんかな~、って思っちゃいました。

なんといっても、やっぱりデモの滑りを間近でタップリ見てイメージを焼き付けたり、後ろをついて滑ったりできたっていうのがよかったなぁ~。
ん~、美しい!
どんなスポーツでも、その道のスペシャリストによるパフォーマンスは、切り取った一瞬に美しさがあるんですよね。
躍動感とか、シンケンな表情とか。。。
DSCF4612.jpg
DSCF4612_2.jpg



終わる頃には、皆の滑りにも随分と変化が見られるようになってきました!全身の動きが出て、ダイナミックな感じに!
そして最後は、「みなさん、いいじゃないですかぁ~!」と、アゲアゲで気持ちよく終わらせてくれるあたり、さすがプロって感じです(笑)


今回教わったことも、実はそのコンセプトはとってもベーシックなもので、理論としては知っていることだったりもします。でも、教わる側が自分の体的な感覚としてそれを体験したり意識できるように、あの手この手で、言葉や、補助となる動き、イメージの持ち方といったヒントを与えながらサポートする。時には、一つ一つの動きを分解して、また組み立てて、を繰り返しながら。
おんなじことを伝えるのにも、そのやり方はそれこそいくつでもあるし、教える側としては、どれだけそういう引き出しを持てるかっていうのが個性でもあり価値でもあるんだろうな。
違う人に教えてもらうと、全然違うことを言われて混乱しちゃうーっていうこと、よくあると思います。
でも、そういう経験をどんどんして、全部分からなくても、その中から自分が「分かった!」と感じられたことを積み上げていけばよいのだと思います。「???」となってしまったことは、とりあえず引き出しにしまっておいて。
意外にも、いいかげん時間がたってから「あれ?コレってもしかしてあの時言われていたあのコト??」って、繋がることがあったりもするんですよね。
頭で理解することと、感覚として会得することはまた違うし、感覚としてはとらえられても、それを定着させるには、逆に「理解」することも必要。トレーニングは延々とその繰り返しです。う~ん、終わりのない螺旋階段。でも、だからこそ面白い!何年も続けてきていても、どんどん新しい課題がでてきて、飽きることがないんですよね~。



お疲れ様でした~!の記念撮影。
DSCF4662.jpg

また来年も是非お願いしたいですね!
ありがとうございました~

お昼は白金のマッキンリーでボリュームタップリのラーメンを食べて、それから3時ぐらいまでフリーで滑ってからあがって帰ってきました。
帰り道は、高速道路で2件ぐらい事故渋滞があって、途中、東松山から鶴ヶ島までは下道に回ったりしながらだったけれど、それでもいつもよりは大分早く帰宅できたかな。

今晩は東京もかなり雪積もりましたね~。
スキー場にもたくさん降ってくれてるといいなぁ~




スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

<< ボディワーク・スーパーバイズ | ホーム | デモトレ終了~★ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。