プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューク諸島ダイビング[Day4]

4日目(9月21日)

朝はちょっと雲が多めだったけれど、だんだん青空が広がってきて、今日もいい感じに暑くなりそうです!
Jeep島を出発して、今日はSand ParadiseとFenom Islandを潜ります。

Sand Paradise周辺の海の色は、本当にキレイなのよね。こんなところがあっていいのか!?

DSC00450.jpg DSC00453.jpg

今日も風はなくって、海も穏やか。でも、ベタ凪が数日続くと、海の中は流れなくてちょっとずつにごってきちゃいます。
光線は十分なんだけど、透明度は2日目に潜ったときよりもちょっと落ち気味でした。
それでも、この乱舞には、癒されちゃうわぁ~

DSCF3876.jpg

砂地にハゼがたくさんいました。
この子は、なんていうのか名前は分からないけれど、エビと共生中。
粘って粘って、ようやくエビくんが顔を出した瞬間をパチリ。


DSCF3882.jpg

岩場の影から、驚いて泳ぎ去っていくカメさん。

DSCF3891.jpg DSCF3893.jpg

この左の、ちょっと面白いよね。フタスジリュウキュウスズメダイたちが、サンゴの上でわっかを作って浮かんでます。右のはゴマチョウチョウウオ?かな!?

DSCF3903.jpg DSCF3878.jpg

本日のクマノミくん。

DSCF3913.jpg

あぁ~、魚もなんにもいなくっても絵になる~。。。
砂地に光の甲羅模様

DSCF3894.jpg


ランチは、少しボートを動かして、何にも生えていないサンゴでできた島の近くへ。
このあたりは、水深50センチぐらいの浅瀬がずーっと広がっていました。
空の色のほうが、海の色よりも濃いなんて。。。

DSCF3921.jpg DSCF3918.jpg

2本目のFenom Islandは、Jeep島とよくにたタイプのやしの木15本ぐらいのちっちゃい島。ここも泊まれるみたいです。

エダサンゴがずーっと広がっていました。
群れを追いかけ回すカスミアジ、それから、サンゴのくぼみを埋め尽くすぐらいのキンメモドキがぐっちゃり。

DSCF3951.jpg DSCF3942.jpg

この青いの、図鑑に載ってなかったから名前が分からないんだけど、ブルーがキレイだったのと、顔のところのメラメラって感じ(!?)の模様がちょっと気になってしまいまして。。。

DSCF3964.jpg

DSCF3948.jpg


真正面から見ると、パンダかブチ犬みたいです。

DSCF3983.jpg

エギジット間際、なごりおしい~、あーん、あがりたくないよぉ、と水中からボートを見上げて。。。みんな上がりたくなくって、粘ってます。

DSCF4003.jpg DSCF4005.jpg

最後のダイビングを終えて、Jeep島からリゾートのあるモエン島に帰る途中で、急遽ドルフィンスイミングをやることになりました。
本当は、明日の午前中にしようと思っていたのだけれど、午前中はイルカさんが環礁の外に向かってしまうらしいので、やるなら今のほうがいいよ!ってことで。
ベタなぎの夕刻、水面を目をこらしながら見つめ続けてボートを走らせること20分ほど。。。
いたー~っ!!

最初に出会ったのは、2匹のペア。
早速スノーケルとフィンをつけて飛び込んで、潜ります、潜ります!
水中でくるくる回ると、イルカさんもおなかを見せて泳いできたり。。。もう、ゼィゼィよぅ。息が続かんわっ。ひぃ~っ。

DSCF4014.jpg

水族館で見るイルカは、つるんとした感じがするんだけれど、野生のイルカは筋肉質な感じがぜんぜん違うのよね。ワイルドっ。水族館のはメタボイルカだと思うんよ。。。そりゃそーだよね。本来、こんなに広い海を自在に泳いでる彼らなのに、あんなに狭いところでぐーるぐる。いくらジャンプしたって、いくら回ったって。。。

DSCF4017.jpg

しばらく遊んだあと、ボートにあがると、今度は別の群れも発見!
じゃんっ! 全部で10頭以上いるんじゃないかな。イルカのチラシ寿司状態~

イルカってね、目を合わせると近寄ってくるんだって!さすが哺乳類。(妙に納得)
ちゃんと目を見て!潜って!回って!深く!!


DSCF4032.jpg

よーく見ると、群れの中に、ちっちゃい子供イルカがお母さんのおなかにピッタリ寄り添うように泳いでます。分かるかなぁ。子供イルカは3頭ぐらいいたと思う。

DSCF4026.jpg

オスの群れだと、もっと近寄って遊んでくれるようですが、この群れは子供がいるのでちょっと警戒しながら。少し距離を保ちながら、でも、ときどき振り返って誘うように戻ってきたり。。。
こっちがイルカさんに遊ばれているみたいな気分だったけれど、数十分、一生懸命泳いで遊んだ後、5時を過ぎてあたりは夕方らしい雰囲気になってきたところで、お名残惜しくイルカさんたちとバイバイすることに。。。

DSCF4037.jpg

バイバイ、またね~っ

DSCF4043.jpg

今日は、三日月。 馴染んだこのやしの木のある夕方の光景も、今日で見納め。パチリ。

DSC00472.jpg

チュークでの最後の夕食。

DSC00478.jpg

明日は、午前中ゆっくりして、午後の飛行機でグアムに向かいまーす。


1日目~の様子はコチラ
チューク諸島ダイビング![Day1]
チューク諸島ダイビング![Day2]
チューク諸島ダイビング![Day3・前編]キミシマ環礁へ!
チューク諸島ダイビング![Day3・後編]Jeep島Stay


スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

<< チューク諸島ダイビング[Day5]バイバイ、チューク! | ホーム | チューク諸島ダイビング![Day3・後編]Jeep島Stay >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。