プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ペットボトルde石鹸づくり』の一部始終!

いや~、もうあんまりにも暑くって、週末もなんだかPCに向かう気がせず、blogの更新サボっちゃってました。
書きたいことはいろいろあったんだけれど。。。

今日は、夜になってからは涼しい風が入ってきて、やっぱり9月になったんだなぁ~、という感じ。

で、ためていたのをボチボチ書こうかと。

のんびりマイペースで続けている石鹸づくりですが、blogにアップされるのは、いつも出来上がったものばっかり。どうやってつくっているのー?という興味深々な友人たちのリクエストにこたえて、今回は、「ザ・メイキング・オブ・ペットボトル de 石鹸!」でーす。

使う道具と材料はコチラ。
DSCF6048.jpg 

右の方にあるのはオイルたち。今回は、ハンパにあまったオイルを一掃しちゃいましょう!ということで、あわ立ちをよくするココナッツオイルとと石鹸に硬さを出すためのパームオイルに、椿油、オリーブオイル、それから、トレースが早めに出る米油と、もっちりしたあわ立ちのためにひまし油を少々(この2つは私がいつも作るレシピでは定番!)です。
今回は、パームオイルの量が少し少なめだったので、その分ステアリン酸を15gほど使いました。

右下の苛性ソーダは劇薬なので、薬局では使用目的と名前を書いてハンコをついて購入します。うちの近所では、HACドラッグで売ってます。

ほかには、ボウルと、温度計、ゴム手袋、それにオプション用に使おうと用意したピンククレイと炭パウダー。
オイルの種類によって鹸化率が違うので、必要な苛性ソーダの分量も変わってくるので、その計算はネット上にいくつかある便利なサイトでやっています。


まずは軽量から。左はオイル、右は苛性ソーダ。
オイルの方は、分量をはかったら、湯せんにかけておきます。

DSCF6049.jpg   DSCF6050.jpg  

苛性ソーダは、すぐに空中の水分と反応してしまうので、できるだけすばやく扱います。
ペットボトルの大きなサイズのもに、計った分の苛性ソーダを入れて、分量の水を注いでいきます。
シャカシャカとふりながら、ものすごーい熱と臭気が出るので、換気もして、氷水で冷やしながら。
しばらくすると、右のように苛性ソーダがとけて透明な液体になってきます。

 DSCF6052.jpg   DSCF6054.jpg

オイルを温めている間に、型にワセリンを塗っておきます。こうしておくと、型から出すときに少し取り出しやすくなる・・・・という話だけれど、本当にコレが聞いているかは不明。アハ!

そんなことをしている間に、オイルの方は、ステアリン酸もキレイにとけてきたので、湯せんからおろして温度が45度ぐらいまで下がるの待ちます。苛性ソーダの水溶液のほうも、同じぐらいの温度になるまで待ってから。。。(このタイミングがあうようにやるのが、結構カンとゆーか、慣れとゆーか。)
 DSCF6051.jpg  DSCF6055.jpg 

苛性ソーダ水溶液の入ったペットボトルに、オイルを漏斗でイッキに流し込みます。
入れたばっかりのときは、こんな感じ。(右)
んでもって、ここからフタをして、ジャカジャカふりまくりまーす。
最初は温度が上がるので、途中で空気を少し抜きながら。
最低でも5分は休まずにね!ダンベル体操をしているつもりで、縦フリしてみたり、横フリしてみたり、ウデが疲れてきたらペットボトルと一緒にジャンプしてみたり、最後は足でゴロゴロ転がしてみたり・・・と。

DSCF6056.jpg   DSCF6057.jpg 

一段落したら、あとは、ゆっくり目にペットボトルを動かしながら、トレース状態になるのをまちまーす。
だんだん中身がモッタリ動くような感じになってくるので、振ったときの感触でだいたい分かるかな。
オイルの配合にもよるけれど、このときは大体1時間弱ぐらいだったよーな。

そんな傍らで、オプションの準備をしまーす。
香り付けは、こちらもあまりモノの精油を一斉処分!プチグレン、ベルガモットやマンダリンといった柑橘系に、イランイランを加えて華やかな感じにしてみることにしました。左の後ろの方にあるのは、トレース状態になった石鹸のタネ。最初と比べると、少し色が変わってきているでしょ?

右は、型に入れた石鹸のタネと、オプションのクレイと炭を、別の入れ物に少し取り分けたタネに混ぜたもの。
あ、あと、写真を撮り忘れたけれど、はちみつも少し入れたんだ。はちみつを入れると、ひまし油入りの石鹸でも(粘度があるのでねっとりしがち。その分泡のもちはよくなるんだけどね)型から出すときにスパっとキレイに出てくれるのよねん。

DSCF6063.jpg   DSCF6064.jpg  

ペットボトルだと、ボウルのようにキレイなマーブルにはなかなかできないので、型に入れてから、上から別の色を落としてザックリ混ぜてみました。
ハイ、型いれ終了~!
うーん、これは、あきらかに混ぜすぎですね。(ガックリ)
   
DSCF6066.jpg 

ここまでで、仕込みの作業は終了~!
全部でだいたい3時間弱ぐらいです。カンタンでしょ!?
使ったペットボトルは、そのまま1週間ぐらいおいておいてから、お湯を入れて溶かしてジェルソープにして使います。
石鹸が熟成する前に、ちろっとその使い心地が試せたりするので、それもまた楽しみ!
ちなみに、今、このとき仕込んだ石鹸のペットボトルの残りジェルソープをシャンプー用に使ってますが、あわ立ちもなめらかで、洗い上がりの感じともに、しっとりまとまりがあって、いいかも!

仕込んだ石鹸は、一晩寝かせてから、翌日か翌々日あたりに型から出します。
1週間ぐらいたったところでカットして、更に乾燥しながら熟成させていきまーす。

でもねー、夏はねー、石鹸づくりにはあんまり向いてないわ。やっぱり。
温度が暑すぎる!湿気もあるし、この石鹸も、見事にジェル化です。相当熱くなっていたもんなー。。。

下はカットしているところ。
ワイヤーナイフは、100円ショップの糸鋸の歯をはずして、ワイヤーを巻きつけただけのものだけれど、包丁で切るよりもぜんぜんキレイにスパっと切れるよ!ワイヤーがすぐ緩んできてしまうのが難点だけれど、まー、手作りだから、仕方がナイ。
  
DSCF6067.jpg  DSCF6070.jpg

・・・とまぁ、こんな感じで、1回にだいたい9個~10個の石鹸ができあがります。
試行錯誤をいまだにくりかえしているけれど、毎度毎度違う感じになるのが、また面白いんよねー。

10月には、お友達のリクエストで、石鹸づくり体験講座をやろう!ということになりました。
どんなレシピにしようか、今から楽しみだわー。

早く石鹸づくりにピッタリの涼しい秋になりますよーに!
スポンサーサイト

テーマ : 手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル : 趣味・実用

残暑払い!??

朝晩は少し涼しくてすごしやすくなってきたけれど、今日の昼間はまだまだ暑さが残っていますね。
今日は、午後から少し会社に行って、夜はスキークラブの仲間・W部家で、毎年恒例の残暑払い!?の会でした!

手作りのおもてなしと、みんなが持ち寄ったたくさんのデザートでおなかイッパイ!

クリックすると大きくなるよ!
DSCF6090.jpg
 

考えてみたら、冬の間は毎週のようにこんな夜をすごしているのだけれど(まるで合宿生活!)、いやー、久しぶりに気の置けない仲間たちと集うのは、やっぱり楽しいなぁ~。

いつものお仲間に加えて、スペシャルゲストはF渡さんとariちゃん。
クラブのキャンプにもときどき顔を出してくれるF渡さんは、東京都のトライアスロン協会(!??)のメンバーで、10月10日に開催される『東京・江戸前トライアスロン2010』のコース・ディレクターをつとめられるんですって!
なんでも、大田区で開催されるはじめてのトライアスロン大会なんだそーで、東京湾を泳ぐ!っていうのも、初めての企画らすぃいです。
んでもって、たくさんチラシを持ってきたF渡さん。レースへの参加をお誘いされちゃうのかと思ったら。。。ぬわんと、ボランティアーズのお誘いでした。
なんせ、うちのスキークラブは大田区が本拠地なもので。。
というわけで、クラブからも何人かがレース参加者にお水を渡したり、、というお手伝いに出かけることになりそうです!

今日のヒットは、フローズン・バナナ酎!
W辺さん持参の凍らしたバナナを、焼酎の水割りにドッポンとつけて、マゼマゼしながらいただきます!
これが、なかなかおいしい♪
焼酎じゃなくても、リキュール類でもOKです。お酒があんまり得意でない私でも、バナナのあま~い香りにだまされて(!??)結構イケちゃいます。暑い夏にはちょうどいいかもね!

DSCF6091.jpg

むみたん石鹸を楽しみに使ってくれているNaoタンのリクエストで、石鹸も少し持って行きました。完売~ありがとうございましたー。みんな、スベスベお肌とツルツル髪の毛になりますよーに

 DSCF6092.jpg

いやー、こんなことをしている間に、あっという間にきっとスキーシーズンがまた来ちゃうんだろうなぁ~。
今シーズンの指導員研修会のエントリーも始まったしね。10月に入ると、きっとイッキに冬に突入ですわ。

あぁ、板を修理に出さなくちゃなー。

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

ボディワーク・『筋の緊張と姿勢』編

先週末も、ボディワークの二期トレーニングに参加してきました!
トレーニングは、今月は3連休の3連チャンだったけれど、私が参加できたのは、その2日目だけだったのね。
でも、またまた中身の濃い~一日でした

今月から後期の内容にはいるので、これまで解剖学とひとつひとつの筋・筋膜に対するリリースの手技が中心だったのが、筋の働きと、緊張したときに姿勢にはどんな影響が出るのか?といったことを学んで、姿勢分析~施術の流れを勉強していくことになります。

今回は、大胸筋、小胸筋、前鋸筋、肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋、大円筋、広背筋、三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、大臀筋、中臀筋、大腿筋膜張筋、臀部深層六筋、ハムストリングス、大腿死闘筋・・・ではなくて大腿四頭筋、内転筋群、縫工筋、腸骨筋、大腰筋、横隔膜、腰方形筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、・・・と。
朝から飛ばしてものすごい勢いで飛ばしたもんだから、当然午後3時頃にはすっかりみんな白目をむいている状態!(笑)

これ以上脳みその筋トレやるのもどうかと・・・というコトで、当初翌日に予定していた、斉藤先生による施術のデモンストレーションで、最後は締めくくり、となりました。
姿勢分析から筋膜に働きかけるファシャワークを中心とした施術を行い、途中何度か立ち上がって評価・再度分析をしながら、約1時間のモデルセッションでしたが、ヘルパーで参加していた私がクライアントのモデル役をさせてもらいました。わーい!

ところでさー。筋肉の名前って、なかなか変換で一発では出てこないのよね。
私のPCはこれでも大分教育されてきたとは思うんだけど。
だって、さっきなんて、「大腿死闘筋」でしょー!(爆笑!!)確かにがんばっていること多いケドね。
あと、笑っちゃうのが、「健康課金」(マジ?ソレ有料?)、それから「大遠近」「後輩筋」(先輩筋はないのか?)、「芳香筋」(におう??)「代用筋」(いや、そんな中途半端なもんじゃなくて、大事な筋肉ですからっ。)とかとか。
あ、どーでもいい話に横道それて失礼しまシタ


DSCF6113.jpg 


ひとつひとつの筋肉がどことどこをつないでいるかを考えれば、だいたいの動きは分かるのだけれど、近いところにあったり同じような働きをする筋肉でも、姿勢には違いが出てきます。
それを見破るコツも、随所に織り交ぜながら、講義はすすんでいきました。

たとえば、肩甲骨。これひとつをとってみても、いろいろあるでよ~。
肩甲骨には周囲や前面・後面にたくさんの筋肉がついていて、それがネットのように引っ張り合いながら肋骨に沿って動くようになっているのね。
体の前側にも、肩甲骨から一続きになっている鵜口突起があって、ここからも更にいろいろな筋肉がつながっています。

肩甲骨の位置が背骨のほうに寄るときには僧坊筋の中部が働くし、同じ背骨側に寄るときでも、内側上部の角が少し上がるように回転しながら寄っていくときには、菱形筋や肩甲挙筋が緊張するのね。この二つの筋肉が両方一緒に硬くなっているような場合には、胸を前に突き出すような姿勢になるようです。

肩が前にせり出しているような人、結構見かけるけれど、それも、肩甲骨が前・下方に出ている場合は小胸筋に引っ張られていることが考えられるし、まっすぐそのまま前に移動している場合には、前鋸筋中部の緊張だったり。

おもしろかったのは、天使の羽(ランドセルじゃないよ!)の原因!
肩甲骨の内側のふちが、天使の羽みたいに盛り上がることを翼状肩甲骨というのだそうだけれど、これは胸郭の形によって要因も2とおり考えられるということ。胸郭がたる型のように丸みを帯びている人の場合には、前鋸筋の弱化が原因であることが多いようだけれど、前後の厚みがなくて横に広がっているような形の人の場合には、前鋸筋が緊張すると、横に肩甲骨が引っ張られて胸郭の端のほうに移動してしまうことで、結果的に肩甲骨の内側のふちが浮き上がってしまう、てことにもなるんだそーです。うーん、なるほどー。

大臀筋は、浅部と深部でついている場所が実は違うんだ!ってことも分かりました。浅部は大腿筋膜張筋に、深部は大腿骨に直接ついているので、同じ一つの筋肉でも、働き方はどう違ってくるのかな?なんて議論もありました。みんなマニアックやね~!(注:この世界では、『マニアック』はほめ言葉です

それから、歩くときに後方にけりだす足。これも、ハムストリングの内側が緊張しているのか、外側が緊張しているのかによって、足のつま先が内を向いたり外を向いたり、という違いが出てくるんだって。

なーんて、分かることが増えてくると、街を歩いていても、人間ウォッチングというか、姿勢ウォッチングが楽しくなってきちゃいます。いつも、会社にいくときも、駅からオフィスまでの5分ほどの道のりを、見知らぬ人の後ろをついて歩いては、じーっと観察しながらどこが短縮しているかなー?と考えて、歩き方をまねしてみたりしてます。はたから見ると、ちょっと怪しいかもしれなーい。アハ!(笑)

さて、次からは全身の分析とセッション練習に入っていきます。
私は二期生のChacolitaのクライアントモデルをやることになりました!

10月は、ボディワークだけでも、トレーニングにクリニカルセッティング、バレエの発表会のバックステージでステージに上がる方々へのセッションをお手伝いさせてもらう(いよいよデビューです!)予定も!石鹸講習会もあるし、お仕事では新体制で新しいメンバーが加わるし、出張もあるし、あー、スキーの指導員研修会もあるんだった、そういえば。
今から考えただけでも目が回りそうな感じだけれど、好きなことをやる分には、不思議と忙しくてもウキウキだったりします。
なんていってるが、weekdayはかなり疲れまくってヨレヨレ。弱音はきまくっていたのは、どこの誰!?

と、その前に。今週は、ハワイから私たちのロミロミのお師匠、マカアラ先生がいらっしゃるので、私も水曜日は休暇をとって、首・肩のワンデイ・ワークショップに参加の予定です!1年ぶりやなぁ~、マカアラ先生に会えるの。今から楽しみです!





テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

ロミロミ・One day workshop in 江ノ島

今日は、休暇をとって、マナロミのOne day workshop 「首・肩・腕・背中など上半身の症例に具体的に対応するマナロミ」のクラスに参加してきました!

2年前の9月に、引き寄せられるようにして偶然見つけたロミロミのワークショップ開催案内。
それがネイティブ・ハワイアンであり、50年以上もロミロミに携わり続けているマカアラ・イェイツ先生との初めての出会いであり、ロミ・シスターたちとの出会いでもあり、体に対する尽きない興味の始まりでした。
今から思うと、本当に運命的だったなぁ~。

今年は、私も参加した「首・肩」クラスと、ハワイアン・ファスティング(絶食)とホオポノポノのクラス(こちらは明日から4日間!)の開催です。

久しぶりに会ったマカアラ先生は、ちょっぴりおなかが大きくなっていたかなー?(笑)
でも、いつもと変わらない笑顔と大きな包容力とで私たちを迎えてくれました。

DSCF6146.jpg

江ノ島までの道のり、大渋滞にやられてやや遅刻で到着した私とmikiちゃんでしたが、午前中は、ハワイアン・チャントで始まり、ホオポノポノオのミニ講座と自己紹介から。

誰でも、何かしら、求めている。
「ポジティブな結果」を手に入れるためには、まずはそれが「何」なのか、ってことをを自分で分からなくちゃね。
そして、「疑い」の気持ちは切り捨てて、ポジティブな結果にフォーカスしよう。
「こうなりたい」と希望を述べるのではなく、「私はこうなる」「そうなることを知っている」と、それが達成された姿を強い意志を持って思いえがくこと。
チャントにこめられていたのは、シンプルだけれど、とっても大切なメッセージ。


午前中の後半からは実技です。
マナロミは、クライアントが抱える不調や症状を、具体的に解決していくことに、とても重きをおいています。

改めて見る先生のデモンストレーション、ペアになっての実践では、2年前には手順をおいかけるだけで精一杯だった一つひとつの手技の意味するところが、また違った目で見えてきたのが、とっても新鮮で面白かったなぁ。。。コンセプトが理解できるようになってきたというか。
ボディワークを通して解剖学もみっちり勉強してきたおかげもあるかなー。
手を通して伝わってくるからだの状態にも、大分敏感になってきたと思います。

あー、ここ、張っているなー、というのが、やっている側もやられている側も具体的に感じ取れて、それがほんのちょっとの施術でスッと緩んでいくのが互いに分かったとき、っていうのは、カンドーでした!
こうやって、何度も繰り返し学んでいくことが大事なんですよね。
きっと、次にクラスを受けるときには、また今日とは違った受け取り方ができるんじゃないのかな、と思うと、それも楽しみ。

あっという間に一日が終わってしまって、頭的にも気持ち的にもいろいろとまだ整理が付かない感じだけれど、今日はなんとなくほんわかした感じのまま眠りにつけそうです。

いつものロミシスターたち、新たに加わった仲間、それから、クラスのコーディネーター・兼・通訳をしてくれた日本人クムのSetsukoさんにも感謝です!ありがとうございました。


今朝、mikiちゃんにおうちに迎えに来てもらうのを待っている間、庭をぷらぷらしていました。
庭のお花や果物が、もう秋なんだなぁ~、ということを教えてくれました。

DSCF6115.jpg
 

これは柿ね。鳥に食べられちゃうから、ちゃんと袋に入れて。

DSCF6116.jpg

今年もキウイがすずなり(!?)です。
もう結構大きくなっているけれど、収穫は11月頃かな。
DSCF6117.jpg 


テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。