プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの大瀬崎

週末は、久しぶりに大瀬崎に潜りにいってきました!
大瀬に来るのは、2年ぶりぐらいかな?

水温は上が26度ぐらい、下の方にいくと22度ぐらいとちょっと冷たかったけれど、夏真っ盛りの暑さの中、かえってそれが気持ちい~!と感じるぐらいでした。

それにしても、潜った瞬間、「地味ィ~っ」(笑)

DSCF5841.jpg
   DSCF5842.jpg

なんかこう、いくらなんでも、もうちょっといろいろ魚がいたような気がしないでもないけれど。
それでも、進んでいくうちに、それなりにいろいろな生き物と出会うことができました。

じゃんっ。真正面からにらめっこ。
右は、これなんだろ?名前聞くの忘れちゃった。


DSCF5833.jpg   DSCF5835.jpg

カミソリウオのペア。後ろ側にもう一匹かくれているのだけれど、写真の角度では見えないかな?
マンダラのように繊細な模様のウミウチワも。

DSCF5838.jpg   DSCF5853.jpg

1本目に潜った大川下では、水深20m近くあたりまでいくとムチヤギ畑が広がってました。   
この子はいったい、どこを眺めているのやら。
 
DSCF5850.jpg   DSCF5861.jpg
  
オコゼはうまーく砂に隠れていたので、その上を知らずにイラがウゴウゴしていて、ゴンゴンあたっていました。
ウミトサカの周りには、カワハギがたむろしてます。

DSCF5863.jpg   DSCF5866.jpg

そういえば、こないだ多良間に行ったときに、「アメリカ人て、ウツボとミノカサゴがやたらと好きだよね。何でだろ?伊豆なんて潜ったら、大コーフンちゃうん?」という話題で盛り上がっていましたが、そんな私も、ダイビング始めてまだ間もない頃、メキシコ・コスメルに潜りに行ったときに、アメリカ人のガイドに水中でウツボを紹介されまくって、これって見られるとうれしいもんなんだ!とスリコミされた過去がありまして。。。以来、なんとなくウツボがいると、なんとなく条件反射的にちょっとだけうれしくなってパチリとするクセが。。。(笑) 
ぜんぜんレアでも何でもないんですけどね。

DSCF5865.jpg 

砂の上、至るところにある何かのウ○コ。何のだろーか?
しかし、長いな。どーでもいいけど。

DSCF5869.jpg 

キンギョハナダイ的な群れが、地味ィ~な海に、ちょっとだけいろどりを添えていました。

DSCF5876.jpg   DSCF5881.jpg

湾内のエントリーポイント近くで見かけたイカの子供。体長2センチぐらいのかわいいサイズです。

DSCF5887.jpg  
 
ネンブツダイ(だよね?クロホシイシモチじゃないよね?コレ。)もちらほら見かけました。

DSCF5895.jpg 

ぽよ~ん。指定席?

DSCF5897.jpg 

ミニミニサイズのウミウシ。小指の先ほどもないサイズ。

DSCF5902.jpg 

エギジット前の岩場には、ガンガゼの間にゴンズイ玉が。

DSCF5906.jpg 

ウミテング発見!

DSCF5908.jpg 

・・・とまぁ、そんな感じで2本のダイビングを終えて、その後は、長岡によって温泉とご飯~!これも伊豆ダイビング・メインの楽しみの一つ。
今回寄った温泉、華の湯(だったっけかな?)は、岩盤浴もついていて、なかなかgoodでした!
夕飯は、沼津漁港にもある丸天の支店へ。
どっちもテンション上がって、思わず写真をとりわすれたー!
bloger的には大失敗なのら。。。

でもね、丸天を出ると、空がピカピカ光っている!!
あれはカミナリか?それとも花火か???
私は絶対花火に違いない!と、急いでケータイで検索してみると、なんと、今日(7/31ね)は沼津夏祭りで、市街地近くの河川敷で花火大会やっているとゆーではないですか!

どうせ、すぐに帰っても道路は渋滞しているだろうし、ってことで、急遽光の見える方角へ、方向転換!
・・・しばらくすると、

DSCF5916.jpg 

あー!やってるじゃないですかー!
パーキングに車を止めて、走る、走る。。
だって、ビルの陰に隠れて、音はドンドンするのに、なかなか肝心の花火が見えないんだもーん。
せっかく温泉入ってきたのに、汗ダクじゃないかぁっ

ようやく、橋にたどり着いて、メイン会場へ。
真下から見上げる花火は、迫力満天です!
首が痛くなったケド。。。

DSCF5919.jpg   DSCF5922.jpg

最後は、巨大ナイアガラで締めくくり~。

DSCF5926.jpg 

と、まぁ、地味ィ~な(まだ言ってる)な海ながらも、温泉⇒海ごはん⇒花火と、夏休み王道!みたいな豪華な長~い一日を満喫してきたのでしたっ。

伊豆も、なかなかいいよね。
この夏、暑いうちにもう一回ぐらいは行けるといいかな。

翌日・日曜日は、朝からボディワークのトレーニング・臀部と下腿編。
今回も盛りだくさんの内容だったので、また追ってアップしま~す!
スポンサーサイト

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

ボディワーク・深層六筋と下腿編!

先週日曜日のボディワーカー養成トレーニングテーマは深層六筋とヒザから下、足部にかけての解剖学と触察、リリース法でした。
今回も、二期生の皆さんのトレーニングに、ヘルパー(ヘルプになっているんだか、いないんだか)として参加です。

深層六筋は、梨状筋、大腿方形筋、上・下双子筋、内・外閉鎖筋で、分厚い大臀筋の下に隠れた筋肉なので、触察もなかなか大変です。
なので、午前中は、まず骨盤の触察から。


それぞれの筋肉の付着部を知る為のランドマークとなる上後腸骨棘、下後腸骨棘、尾骨、坐骨結節、坐骨棘、大転子、それから坐骨結節から仙骨に伸びる仙結節靭帯と、坐骨骨から仙骨をつなぐ仙棘靭帯とを正確にたどっていくところから始まります。

男女の骨盤の違いは、腸骨の幅と高さ、それから坐骨の広がり具合なのだけど、小川先生(♂)、さいとう先生(♀)がそれぞれ自ら大開脚(!!)して、恥骨から坐骨を指でたどってみせるデモンストレーション付き!(笑)
「ね?ホラ、私(小川先生)の場合、ここがこんなに狭いでしょ?だから私は絶対赤ちゃん産めないんですっ。」(真顔で。)
・・・えっ?(;一_一) そーいう問題!?

靭帯の感触は、独特です。なんというか、硬いんだけど弾力があるというか、筋肉とも骨とも明らかに違う、硬目の消しゴムを転がしているような感じ。仙棘靭帯のほうは、探り当てるのが結構難しくて、みんなで苦戦していました。

そのランドマークを頼りに、次は筋肉の触察です。
梨状筋は、下後腸骨棘のキワあたりから、大転子の上部へ。
今までは、なんとなく位置で見当をつけて「このへん!?」みたいに探り当てていたけれど、この見つけ方ならバッチリ的をはずしません。
次に分かりやすいのは、大腿方形筋。坐骨結節から大臀筋の下に潜って坐骨を上のほうにたどる線から大転子下部の内側に、結構幅広めでついているのを確認。ヒザをまげて足を体の反対側に倒す動きをしてもらうと、結構強力に働いているのが分かります。ここが痛かったりダルかったりすることって、結構あるのよね。

大腿方形筋のすぐ上にある下双子筋から梨状筋の下にある上双子筋との境目を確認して、その間に挟まれている内閉鎖筋にアプローチ。
これが問題でして。(笑)
坐骨を上にたどっていったところにあるちょっとした出っ張りの坐骨棘から、その少し仙骨よりにあるくぼみから内閉鎖筋が出ているのだけれど、かなーりこれがお尻の穴に近い位置にあるのよね。特に男性の場合は坐骨の向きの関係から更に近くなっているみたいなので要注意!
私がペアを組んだSSKさん(♂)の感想は、「うーん、かなり近いですね。。。(汗)」。(微笑み絶やさず、あくまでも冷静。)

すると、となりから、「ギャァっ!」と悲鳴がっ!
見ると、chacolitaとペアを組んでいた、うつぶせだったはずKさんが、180度くるりとひっくりがえってお尻を押さえて悶絶しているではないかー。
・・・やっちまったな。。。間違って指が穴をかすってしまったらすぃぃ。
「だって、近いんですよね。(だから近いのがいけないのであって、私が悪いんじゃない、的な・・・)」と開き直るchaco。(爆笑!)

ちなみに、外閉鎖筋は、おしりのうしろ側から触ることはできなくって、(小川先生がtwitterで解剖学クイズ出してたけど)仰向けになって股関節とヒザをそれぞれ90度曲げて、長内転筋と薄筋の間から坐骨のほうに指を差し込んだ状態でヒザを開くと、にゅ、にゅーっと下から盛り上がるように張り出してくるのが感じられる、ソレがそうなんだそうです。

リリースは、尺骨を使って、筋繊維の方向に沿って仙骨から引き離すような感じで圧を加えたり、それぞれの筋肉の境目でコンパートメントを作ってあげる方法と。

ちなみに、深層六筋のリリースは、ヒップアップ効果絶大です!
片方だけやった状態で立ってもらってみると、お尻の形がまるで違う!キュッと上にあがって小尻な感じに。
数日たった今でも、パンツを穿いたときの後姿はスッキリだし、私のおしりはかつてないほど気持ちのよいぷにぷに具合が続いています。

そして午後後半からは、足の骨の構造を知る!の巻。
理学療法士のY井さんが、な、なんと足の骨の模型を持参して来てくださったので(My骨持ってるっていうのが、まずすごいんだけど)、よーく分かってスッキリしました!

平面の骨格図を見ているだけじゃ、いまひとつ分かるよーで分からなかったのよね。

ひざ下のメインの骨である脛骨の真下にある距骨を中心に、そこから前方に、親指から中指までは舟状骨と3つの楔状骨と3つの中足骨へ、薬指と小指方面へは立方骨から2つの中足骨へと扇形の2層構造になっていることを確認。
かかと側には踵骨がついていて、距骨が踵骨に対して内側に落っこちてしまったりすると、足裏の縦のアーチがつぶれて偏平足になったり外反母趾になりやすいのだそうです。

と、ここまででも既にかなりてんこ盛りな内容で、ほとんど白目をむき始めた私たち。
というわけで、今日の解剖学はここまでにして、最後は、ヒザから下のリリースのデモンストレーションのあと、ペアでリリースの実技をやって終わりました。

さいとう先生が小川先生にリリースのデモをやっているときのこと。
マジメに解説するさいとう先生の声にかぶって、控えめながらも「んゴぉぉぉっ」と妙な音が。
ハっと顔を見合わせる私たち。
「寝たでしょー、さっき。」(;一_一)と責めるさいとう先生に、最初は、「寝てない!寝てない!」と言い張っていた小川先生。
だけどそのうち

「だって、寝てたんだからおぼえてるわけないじゃーん」

・・・開き直りですかっ。(笑)

そんなこんなの大爆笑つづきの一日でした!


ところで、足の方は骨の模型があったのでかなり立体的に理解することができたのだけど、骨盤のほうはいまひとつスッキリしなくって、かえって来てから何かいい写真ないかなー、と「3D 骨盤」とかでググってみたら、こんなの見つけちゃいました。


『女性骨盤モデル、靱帯付!』

~本物の骨格標本からのナチュラル・キャスト製。
リアルな合成靱帯が骨盤を支えています。~

w19012m.jpg 

・・・なんか、『女性用水着、今ならオシャレなケース付き!』みたいなノリで、妙にウケてしまった。。。
靭帯付き!っていうのを見て、おおぉー、分かりやすい!コレほしい!って思っちゃった私も私。
でも、8万円ぐらいするのです。買えないな。(ていうか、普通、買わないか。)

でも、やっぱりナマで見てみたいー。
3Dで360度グリグリ動かしてみたいー。
ぜひそのうちOPENPATHで全身模型、調達してくださいませ!

今日もマニアックなネタで失礼しました!

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

江ノ島で海を眺めながら・・・

今日は夕方から、江ノ島まで出かけて、Lomisisterたちとの海飲みです!

2年前の9月に、この江ノ島でのマカアラ先生のロミロミのクラスを一緒に受けた仲間たち。
Komiが声をかけてくれて、夏の海の家でまったりのもうよ!という企画。
いや~ん、なんだか素敵じゃない?

5月のカ・フラホアのとき以来の集まりです。

江ノ電の江ノ島駅から、ぷらぷらと雑貨やさんをのぞいたりしながら。。。

おっ、なんだ、この子は?かわいーじゃないのよォ。
ちょっとふてくされ気に。。。

DSCF5934.jpg
 

海沿いに出ると、江ノ島が目の前に登場!
ロミロミのクラスは、この江ノ島の中にあるセンターで開催されたんだっけ。

DSCF5935.jpg 

それにしても、江ノ島・・・。わ、若いゼ。。。
私たちが陣取ったのは、Komaが予約してくれた水族館の裏手近くにある「カラダファクトリー」の海の家。
開放的な雰囲気の一角には、マッサージベッドが2台あって、マッサージも受けられるようになっていました。

もう5時近くだとゆーのに、ビーチにはたくさんまだ人が。
おとなりさんは、クラブ状態でノリノリの若者たちが踊りまくってます。音がすんごいっ。

DSCF5936.jpg 

まったりトークでダラダラ気分よくすごしているうちに、空の色がどんどん変わっていって。。。
今日はサイコーの夕焼けが見られたよ!

DSCF5945.jpg 

ため息が出ちゃうほど、素敵な光景でした。

DSCF5938.jpg 

これでアロハ~な音楽でも流れていればサイコーなんだけどなぁ~。
・・・しかーし、両隣からはズンズンとノリノリな音楽が響いてきます。
ま、これも、いっか。

DSCF5947.jpg 

海は、広いね。空も、広いね。

DSCF5944.jpg 

日もとっぷり暮れた頃、場所を移して、海沿いのカフェのバルコニーで夕ご飯。

今日のスペシャル丼(!?)は、マグロとアボガド、タコに江ノ島名物・生しらすのどんぶり。
う~ん、食が進んじゃいます!
Komaが頼んだロコモコ丼も、おいしかったです。

DSCF5951.jpg 

このあと、盛り上がったのは、ゆきねぇが凝っている「マヤ暦」ネタ。
古代マヤ人が使っていたという、カレンダーから、人がそれぞれ持って生まれた性質や、人との関係性、めぐってくる年月日の意味なんかを読み解いていく、という感じの、占いのよーな、道しるべともいえるよーな。

これで見ると、私たち、何かしらの関係で結びついているんですって。
補いあったり、ガイドになったり、反対の位置から気付きを得たり、、、と。
不思議だね。

生まれた日をマヤ暦の260日で換算すると、そこから、20の紋章と4つの色のグループ、12(だったっけかな?)の音が分かるのだそうです。
私のKINは100。「黄色い太陽」で、音は「9」。
「明るい太陽のように周りを元気にする」ケド、「人の話をあんまり聞いていない」だソです。
にゃはは~、あたってるかもー。
なんだかいろいろ話をしたので、ちょっとごっちゃまぜになっているかもしれないけれど、私にとってのキーワードは、「傾聴」と「感謝」。だったかな?
それを心がけることで、いろいろなことがシンクロして、ものごとがよい方向に流れていくとのこと。
あと、それから、自分でコマコマ動きまわらず、どーんと構えてなさい、って。そうなのよ、そうなのよー!自分でイロイロ動き回り始めると、ものごとがうまく回らなくなりはじめる感じ、するもん!
みんなで、家族や友人など、自分にとって大切な周りの人たちも見てみると、どういう関係性でつながっているのかが分かるんですよね。なるほどー、そういうことかー。と思うようなこともたくさんあって、面白い!
私も本を買ってみちゃおっかな。
ゆきねぇ、やっぱりロミロミにりマヤ暦カウンセリングをセットにしたら、最強だと思うよー!

帰りがけに突然降り始めた雨。
すぐにやむかなー?と思ったら、結構本格的に降り続いていますね。
久しぶりのお湿りで、あぢあぢぢだった夏の日も、ちょっとだけクールダウン。
でも、明日の朝までにはやんでくれますよーに!

ここのところ、仕事がらみでモヤモヤ(っていうか、ただのイヤイヤモード?)していたけれど、みんなと会っておしゃべりしていたら、なんだか気持ちもクールダウン。
いつもの「ま、いっか」的なモードに落ち着きました。「ちょっといいかげん」ぐらいが、私にとっては「ちょうどいい加減」みたいです。
こうやって、元気をもらえる仲間の存在って、なんだかいいよね。ありがとうさんでしたー

帰りの電車のgirl's talkも名残惜しく、雨の中を帰宅。

今日は急遽来られなくなってしまったMikiちゃんのために、また次を企画しなくちゃね~(^。^)。
そうそう、ずっと前からみんなにリクエストされていた、手作り石鹸をつくろう!の会も、10月の週末・日曜日にやろう!ということで決定です。
と、その前に、9月末にはマカアラ先生の元で、集まれるね。楽しみ!

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

台北のnight market!

お盆の時期だというのに、先週は水曜日から仕事で台湾に出張。
台湾て、地図で見ると、沖縄諸島のイチバンさきっぽ、西表島とかの更に先につながるようなところに位置しているのね。
気温37度、体感気温は40度というから、相当覚悟して降り立ってみると、やっぱり蒸し暑い!
でも、建物の中はどこもみな、これでもか、というぐらいクーラーがききまくっていて、長袖が欠かせません。

今回泊まったホテルは、台北駅からそれほど遠くない市街地ど真ん中にある、「Howard Plaza Hotel (台北福華大飯店)」。
ジュニア・スィートにFree Upgradeしてもらえたので、こんなに広いお部屋でした。
右は、ホテル前の交差点からの風景。
車道は右側通行であること以外は、なんとなく日本の風景と近いような。。

DSCF5952.jpg   DSCF5954.jpg

空港から市街までは、車で一時間近くかかるのだけれど、その途中の景色も、なんとなくなじみのある感じです。何でだろう?建物の感じとか、山や植物の雰囲気が似ているからかな?

こちらは、到着した日の先方の会社の方たちとの会食のときに出てきたOpus One。
日本で買うと、1本4万円ぐらいする高級ワインらしいです。
もちろん、私ははじめて!
お酒があんまり飲めない私には、もったいのうございます。。なんだけど、香りも素敵でまろやか。飲みやすくて、とってもおいしかったー!

DSCF5965.jpg 

仕事を終えて、最終日の夜は、「士林夜市」(シーリン・ナイトマーケット)へ繰り出す!の巻。
同僚たちも、興味津々。
食べ物はもちろん、洋服や雑貨、いろいろなお店が並んでいて、日本で言うと、アメ横と竹下通りに温泉街のゲームコーナーみたいなのがごっちゃマゼになったみたいな感じっていうのかなぁ~。
その一角は、大きな大きなアーケードになっていて、食べ物やさんの屋台が所狭しと並んでいます。

DSCF5967.jpg   DSCF5968.jpg

活気とにおい(!!)がものすごいんだわ。
ここで腹ごしらえ。
えーと、この卵焼きのよーなお好み焼きのよーなモノは、カキや海老をレタスと一緒にとろみのついた卵でとじたもの。メニューには日本語で「お好み焼き」って書いてあった。
私たちが頼んだのは、カキと海老のミックスで、中国語では「綜合」って書いてあった(笑)。うん、分かりやすくてヨロシイ。
なかなか美味です。

DSCF5973.jpg   DSCF5972.jpg

お目当ては、この小龍包。中国語のメニューでは、「湯包」になってました。
お肉もムチムチに詰まっていて、ジューシー! 
一皿たったの150円です。

DSCF5971.jpg 

看板の文字が、なんとなく分かるよーな、わからないよーな、、、で、何かなー?と想像しながら見て回るのも楽しいです。
「泡泡冰」は、ジェラートのこと。
では、「大腸包小腸」って、一体!??
サテ、なんでしょう~?

DSCF5976.jpg 

こたえは、コチラ。
ソーセージ(腸詰)なんだけど、大腸につめた超・極太ソーセージを割った中に、ホットドッグみたいに小腸ソーセージが入っておるのです。すごい!

DSCF5974.jpg 

こちらは、「原味大香腸」。すごいでしょ?この大きさ。

DSCF5970.jpg 

この屋台には、すごーく人がたくさん並んでいました。
ガイドブックで見ると、やっぱりイチバン人気のお店みたいです。
「豪大大雛棑」。名前からしてダイナミックな感じだけれど、。。。

DSCF5977.jpg 

じゃんっ!
顔の大きさほどもある超・特大!フライドチキンです。しかも、日本円で300円ぐらい。やっすー!

DSCF5979-1.jpg 

台湾といえば、やっぱりマッサージでしょー、ということで、夜、いったんホテルに帰ってきてから、徒歩でいけるところにあるホテルのコンシェルジュオススメのマッサージ屋さんに、3人ほどで出かけていきました。
もう明日は帰るだけだからね~。多少夜更かししても大丈夫。

「SAKURA」という名前のこのお店。入り口はかなりゴージャスな感じ。
でも、お値段は、安い!それでも、高い方みたいだったけれど。
相場は、だいたい日本の半分ぐらいかな。60分で3000円ぐらいの計算です。
お店に入ると、すぐに通されたのが右側の写真のお部屋。

DSCF5986.jpg  DSCF5984.jpg

受付もなーんにもせずに、いきないこんな部屋に連れ込まれて、思わず大爆笑!
えっ?もう!??・・・みたいな。心の準備ができてないよぅ。(笑)
足裏もいいけど、ボディマッサージも捨てがたいし、、、ということで、足裏40分+ボディ60分の組み合わせでお願いすることにしました。足裏は男性のマッサージ士、ボディは女性と別々の人がやってくれるので、両方同時にもできるけどどうする?と聞かれたけれど、両方一緒はなんだかもったいないので、別々に受けることに。

マッサージベッドは、180度リクライニングできて、鏡の上には一人ひとり専用のCATVが付いています。
このリモコンがね~。いじってると、隣の人のチャンネルまで変わっちゃうのよ。(笑)
アレ?パイレーツ・オブ・カリビアン見ていたハズが、いつの間にかCNNに変わってる!?・・・みたいな。

それはさておき、やっぱりロミロミと筋膜リリースをやる私テキには、本場・台湾のマッサージに興味津々!
足をやってくれたおじさんも、ボディをやってくれたおばさんも、ウデはかなりのものと見た!
足のほうは、足裏から足の背、ふくらはぎからヒザ上ぐらいまでを順番にほぐしていってくれるのだけれど、
私をやってくれたおじさんは、カタコトの日本語ができました。
「ダイジョーブ、ダイジョーブ、悪くないね。でも、寝不足ネ。」あら、分かっちゃうの?
ところどころ痛いところがあって。それ、どこ?と聞くと、「心臓」だって。ゲ。
あとは、「肩ネ。」それから「ヒザ。」
向こうのベッドからは、「痛い、痛い!」という声が聞こえてきます。みんなお疲れなのねー。

ボディのほうは、仰向けでデコルテからスタート。
たくさんのホットタオルを使って暖めてから、ラベンダーの香りがするオイルを使ってのマッサージです。
あのねー、どこの筋肉にアプローチしているっていのが、はっきり分かるのよ。
小胸筋、大胸筋、三角筋、それから後頭部に斜角筋、肩甲挙筋、菱形筋、、、と。
それからうつぶせになって、背中から腰、お尻のあたりまでグイグイと。
しっかり体重をかけて圧を加えてくれるので、やってもらっている感じはロミロミともちょっと似ていたかなぁ。
背中の右側にあったガンコな張りがキレイにとれて、首・肩もスッキリゆるゆる。

足のむくみも取れて靴はカパカパだし、ホテルまでの10分ほどの道のりも、足取り軽く(夜中だとゆーのに)かえっていった私たちだったのでしたー。

会社じゃみんな、それなりのポジションでがんばっている同僚たちなので、「こんなの部下にバレたら大変!遊びに来てると思われちゃう。」な~んて言っていたけれど(笑)、最後にこれぐらいのご褒美、あってもいいよね!
お疲れ様でした~!





   

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

百花繚乱

今日は、大田区の花火大会!
川崎駅に集合して、川崎側の土手からの観覧です。

通称「花火部」(という名の花火好きの集まり)は、今日も総勢18名の大所帯!

今日の花火は、カラフルなのが多かったにゃ~。
イチバンのお気に入りは、コレ。勝手に「ゴレンジャー・スターマイン」と名づけました。
赤・黄色・青・緑・ピンクと、全部そろってるでしょ!?

DSCF6017-1.jpg 

早朝から場所取りをしてくれていた仲間に感謝!
今回もベストポジションからイタダキです。

DSCF6023.jpg 

DSCF6011.jpg 

花火モードっていうので写真をとると、こんな感じで少し長めのシャッタースピードになるので、光の軌跡がバッチリうつるんです。でも、ブレるとひとだまチックね。

DSCF6016.jpg 


DSCF6038.jpg 

クライマックスは、やっぱりしだれ柳的な。。。
大歓声があがっていました!

DSCF6042.jpg 

清算中の花火部長アーンドこども店長(ゴキゲンな4歳)たち。

DSCF6045.jpg 

話は変わるけれど、台湾からの帰りの飛行機で見た映画は、『ベンジャミン・バトン』。
そう、あのブラッドピットが、老人に生まれて、年を経るにつれて若返っていく人生をたどった映画です。
パートナー役のケイト・ブランシェットは、とても惹かれる女優さん。
映像や、CGによる年老いた、そしてみずみずしいぐらいの若さのブラピとケイトも素敵だったけれど、たんたんと綴られる物語にぐいぐい引き込まれていって、、、、そしてあと残り15分!てところで成田について最後が見られなかったのね。
とっても気になったので、帰ってきてからネットで探して見ちゃいました。

人と人との出会いや出来事は、流れていく人生の中では、ほんの一瞬のクロスオーバー。
大切な人たちとの変わらない愛情がある一方で、タイミングが少し違うだけで感じ方やかかわり方が違ったものになったりもするんですね。 
ベンジャミンの人生は、たとえてみると、流れる高速道路を一人逆行するようなもの。
普通の人なら、併走する隣の人と、追いついたり追い越されたり、並んだりしながら一緒に走っていくこともできるけれど、彼にとってはそのすれ違った一瞬一瞬がすべてでした。
彼の人生ほどシビアではないにしても、誰にも、あらゆることに「そのとき」っていうのが、きっとあるんだろうなぁ。
見終わった後に残ったのは、そんな漠然とした感想。なんだかうまく表現できないけれど。

さて、明日からはまた仕事じゃーっ。ねるべし、ねるべし。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。