プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼肉+温泉×スキー=夏油高原!

さて、コレは何でしょう~
DSC00599_20100221231505.jpg

正解は、後ほど。。。

今週は、岩手の夏油高原までいってきましたー。
土曜日の朝、6時4分の新幹線に乗って、水沢江刺まで2時間半。そこから車で1時間弱のところにあるスキー場です。
今回私は始めて参加させてもらったのですが、東京から行ったメンバーに加えて、現地のお仲間がたくさんいて、あっという間に20人ぐらいの大パーティーになっちゃいました

DSC00587.jpg

土曜日は、雪の合間にも午前中はちょっとだけ太陽も顔を見せてくれましたが、夏油、いいです!
ゴンドラ2本で機動力はバッチリだし、広~いロングコースが何本もあって、滑り応えはバッチリ
それに、なんといっても、すいている~

DSC00586.jpg

朝4時起きでネムネムだったけれど、これですっかりテンションあがっちゃいました!
気持ちい~ニョ~

このスキー場には、いろいろなお楽しみ企画があります。
そのひとつが、「日本イチ長~い雪の滑り台」
Tomoちゃんと私は、ランチの前に早速挑戦です。
でもね、日本イチ長く滑れるってことは。。。。日本イチ長く、歩いてのぼらねばならぬっ!のでした。
・・・というわけで、チューブを引っ張りながら、テクテクスタート地点まで登る私たち。

DSC00588.jpg DSC00590.jpg

上まで登る頃には、すっかり汗だくでゼィ、ゼィ。。。
分かるかなぁ~。右の方にうねうねと下の方まで続いているコースが。
それでは、いきまーす。
DSC00593.jpg DSC00594.jpg

雪の壁にゴンゴンぶつかりながら、下まで1分ぐらいかけてイッキにすべりおりまーす。

20100221-225337-31643900.gif

でもね、このチューブが、大人のお尻にはちょっと小さめなのよ。(笑)
脚がつりそー! 腰がいた~い!
でも、上の方は、斜度も結構あって、スリル満点でしたー。

午後からは、モーレツに雪が降ってきて、視界もほとんどなくなっちゃったけれど、パフパフのパウダー三昧!
滑っているんだか、遭難しているんだか分からないぐらいの中を、全コースをめぐるツアーを満喫したのでした。

ゲレンデから、途中温泉によって、北上駅前のホテルにチェックインしたら、お待ち兼ねの・・・・。

じゃんっ。

DSC00598.jpg

そう。一番最初の写真はthe 前沢牛の超!霜降り 上カルビのどアップだったのでした
このツアーのメインイベントといっても過言ではないっ
焼肉でございまーす

昼間一緒に滑ってくれた仲間たちも一緒に、総勢14名で焼肉屋さんへ。
見よ、このもうもうとした煙をっ!
ここの焼肉は、本当においしかったんです
やわらかくって、肉厚で、とーってもジューシー。お値段の割りにボリュームがなんといってスゴイっ
ご飯だって、ホラ、こんなに大盛りですわぁ~。。。

DSC00602.jpg DSC00601.jpg

お肉争奪!大・じゃんけん大会~!
「勝ったら食べられる」どころじゃないんですよっ。「負けるとその人だけ食べられない」んだから、もう、必死!
DSC00607.jpg DSC00608_20100221234956.jpg

この日はですねぇ~。いつも負けオーラを出しまくっているTomoちゃんにっ。勝利の女神が降臨しましたっ。
な、なんと、しょっぱなから3連勝!大波乱の焼肉争奪戦だったのでした。

なかむーさんが一丸レフで撮ってくれたみんなの滑っているところの写真をアルバムにして持ってきてくれたのですが、それをみんなでやいのやいの言いながら点数つけちゃう「なんちゃってフォト技戦!」なんていう楽しいイベントでも盛り上がっちゃいました

満腹・大満足の私たちは、地元の皆さんとバイバイして、電車で一駅。北上まで戻ってホテルまで。
この日の夜、実は、「蘇民祭」の日。
夜10時から明け方6時ぐらいまでの深夜に繰り広げられるお祭りで、明け方にはフンドシいっちょの男たちが「蘇民袋」なるものを争奪する「蘇民袋争奪戦」が行われる・・・らしい。
なんてワイルドなっ。日本三大奇祭のひとつなんだそうです。
帰れなくなっちゃうので、残念ながらホンモノをみることはできなかったけれど、このポスターだけでもインパクトは十分ありすぎです。(笑)

DSC00611.jpg

翌日の日曜日は、朝から天気もヨイヨイ
朝8時前のバスにのって、夏油高原まで。
今日もゲレンデでは地元のお仲間と合流して、午後3時半ぐらいまで滑り倒してきましたよー。

DSC00612.jpg 

DSC00613.jpg

DSC00618.jpg

ゲレンデのセンターには、露天風呂のある温泉があります。
「あともう1本!」があとのまつり・・・で、帰りのバスの時間までがもー、あわただしいこと。
気持ちよい露天ぶろだったので、本当だったらもっとゆっくり浸かりたかったのだけれど、ダダダとソッコーで入って、ダダダと荷造りして次の場所に荷物を送り出したら、バスの出発時刻ギリギリで、ちょっと冷や汗モノでした。

北上駅からは、新幹線で3時間弱。
1泊2日で帰ってきてしまうのは、本当にもったいないぐらい。やみつきになっちゃうのが分かるワ
満喫しまくりのはじめての夏油高原だったのでしたー。

北上のみなさま、最後はほとんどご挨拶もできずに帰ってきちゃいましたが、至れりつくせりで本当にお世話になりました ありがとうございます。
また是非!次回もよろしくお願いしま~す

スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。