プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューク諸島ダイビング![Day1]

ただいまですー。

17日夜の便で成田を発って、23日の朝に成田着。現地は正味5日です。あっという間だったけど、今回もタップリ楽しんできましたー。

行きは、夜8時半のグアム行きの便だったので、グアム到着は夜中の1時ころ。時差が1時間なので、カラダ的には楽なんだけど、チューク行きの飛行機は翌朝6時半。というわけで、そのまま空港で夜明かし。とーぜんチュークまでの1時間半は爆睡です。

チューク諸島・・・というより、トラック諸島といった方がなじみがあるかもしれないのだけれど、グアムのちょっと右下あたりにある大きな環礁です。
この飛行機は、別名アイランド・ホッパーといって、グアム⇒チューク⇒ポンペイ⇒コスラエ⇒マーシャル⇒そして最後はホノルルまで。一体何時間かかるんじゃー、て感じだけど、あー、海は繋がっているんだなぁ、と妙なところで感心。


DSC00326.jpg DSC00328.jpg

空港からBlue Lagoon Resortまでは、20分ほどの道のりだけれど、これまた、すごいんだ。道がデッコンボッコンしていて、いつタイヤがパンクするんじゃないかとヒヤヒヤものでした。
今回滞在するのは、このコテージの2階のお部屋。バルコニーからは、やしの木の庭と海が見渡せます。

DSC00338.jpg

これがチューク諸島の地図でーす。

DSCF3678.jpg

空港があるのが、一番上にある大きなモエン島。
大き目の島4つに、小さなサンゴ礁の島がポツポツ。かつては日本の統治下におかれ、第二次世界大戦中にも日本軍の基地があって、たくさんの日本人兵士がここに駐留していたそうです。だから、島の人たちには親日家が多く、チュークの言葉にも日本語が根付いていたりします。「弁当」はそのまま「ベントー」だったりとかね。

トラックの海戦では、たくさんの戦艦が環礁内に沈んでしまったけれど、今ではそこが漁礁となって、世界中からダイバーが潜りに来るように。沈潜は、特にアメリカ人には人気ね。
・・・グアムやサイパンなんかとは違って、観光施設やショッピングできるところなんかなーんにもない素朴な島なので、人でごったがえすなんてこともなく、のーんびり。


空港に到着したときには、晴れていたのに、なんと、ホテルにつくや、スコール!
ダイビングの支度をして1時に集合したときには、これでもかっ、ってぐらい降りまくっていたのでした。
えーんっ

先にランチを食べて待っていると、スコールはあがってきたけれど、なんだかスッキリしない天気~。

そんな中、チュークに来て1本目のポイントは、富士川丸に決定~
こんなお船が、環礁のド真ん中あたりに沈んでます。


DSCF3677.jpg

光が弱いのがちょっと残念だけれど、透明度は、まずまず。
マストの一番先端は、水深10mぐらいじゃないかな。下は30mぐらいまで。かなり大きな船で、とにかく魚がごっちゃり。

DSCF3400.jpg 

DSCF3423_20090927001608.jpg

船のへりについてたイソギンチャクのじゅうたんの中には、ハナビラクマノミの大家族が。。。

DSCF3402.jpg

これに近づいてよーく見てみると、透明なイソギンチャクカクレエビがこれまたたくさん!

DSCF3395.jpg

ガイドのリオに先導されて、船の中に入っていきまーす。
タイタニックの映画で、沈んだ船のシーンの撮影で使われた船なんだそーで。
見たことない?こんな感じの絵・・・!?


DSCF3425.jpg

この船が沈んだのは、1944年の2月17日。・・・てことは、もう60年近くも前なんだー。
なんだか切なくなってしまいます。


DSCF3426.jpg

クマザサか何かの群れに突撃するカスミアジか何か(魚のナマエは相変わらずいいかげんだけど。。。) 捕食シーンは大迫力!逃げ惑う群れがどんどん形を変えて動いていく!ニモの映画にもこんなシーンあったよなぁ。

DSCF3435.jpg DSCF3458.jpg

2本目は、Betty Bomber。戦闘機です。名前からすると、米軍の飛行機かな。
前回は潜らなかったので、初めてのポイント。

おおー、結構大きい!!

DSCF3463.jpg

コックピットはそのままの形で残ってます。
ちょっとリアルね。

DSCF3471.jpg

翼の部分にあいた穴からコンニチハ。
マツカサウオの仲間かな。

DSCF3468.jpg

機体からちょっと離れたところに、頭の部分がありました。
墜落したときに、もげちゃったのね。プロペラ分かるかしら? 
機体の上には、これまたぐっちょり群れるお魚さんたち。どんどん形を変えながら忙しく動き回るスガタは、ずーっと見ていても飽きないんだなぁ。

DSCF3479.jpg DSCF3473.jpg

そう、この子たちが逃げ惑っているのは、コイツラに追いかけまわされているからなのでしたー。
口あけてパクパクいってるよー。

DSCF3500.jpg

2本潜り終えて帰ってきたときには、もうすっかり夕方。
本日の夕飯は、リゾートのレストランで。
マグロのお刺身は、南国らしく、しょうゆにライムとタバスコを少々。
サッパリしておいしいんだ!これが。

DSC00336.jpg DSC00331.jpg

ゆっくり食事して帰ってきたら、もう9時すぎ。
思いっきり寝不足だったので、ベッドに入ったら3秒もたたないうちにふかーい眠りにおっこちていったのでしたー。

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

ボディワーク・練習会

今日は、夕方から五反田にある品川総合体育館まで、ボディワークトレーニングの練習会に行ってきました!

前回は9月の上旬に、みっちり1日かけてやったけれど、今回は3時間一本勝負。
いつもカラダの上の方から下へとやっていくので、最後駆け足になってしまいがちな下半身のほうからってことで、リクエストさせてもらいました。

みんなで、解剖図とトレーング時のメモとにらめっこしながら、あーでもない、こーでもないといいながら、真剣です。。。

DSC00498.jpg DSC00499.jpg

ハタからみたら、変な光景だろうなぁ~。(笑)

臀部(大臀筋、中臀筋肉、梨状筋)の触察・リリースから初めて、腰部(大腰筋、腸骨筋、腰方形筋)、それから大腿部の側面(大腿筋膜張筋、腸ケイ靭帯)の筋膜リリース、前面(大腿直筋、中間広筋、外側広筋、内側広筋)、内転筋群まで。(ちょっとマニアちっくだなぁ~。。。でも、備忘のため。)

大腿部前面の施術でリリース感を感じられるようになったこととが私的には大きな収穫でした!
内転筋の施術で、股関節の開き具合(ヨガみたいに、アグラのようにカラダの前で膝を広げて足裏を合わせて確認)が、片方だけやった後と両脚やった後とでは、ぜんぜん違うのには、ビックリです。
ちょっとリリースするだけで、可動域ってこんなに変わるものなんだぁ~、と。
毎日続けてやれば(ちゃんとやれば、の話ですケド)開脚ペッタンこも夢じゃない!??

年末にある後期のトレーニングまで、あと何回練習会できるかなー。

さて、明日は来日中のロミロミの師、マカアラ先生に会いに行ってきます!
定時ダッシュで藤沢まで。間に合うかなー。

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

マカアラ先生との再会!【ロミロミ】


今日はゼッタイ定時で会社を脱出するゾ!と心に誓って。。。
なぜなら、私たちのロミロミの師であるマカアラ先生との夕食会があったから。
ソッコーで藤沢のタイ料理やさんまで駆けつけて、なんとか遅ればせながらも間に合いましたー。

明日から始まるファースティング(ハワイ式断食)・ホオポノポノのクラス(私は残念ながら参加できないのだけれど・・・)の前日ということもあって、早めのお開きでしたが、HHAのロミシスターズも総勢12人集まって、本当に楽しいひとときを過ごしてきました。

1年ぶりに会うマカアラ先生は、変わらない穏やかな笑みと大きな包容力で、迎えてくれたのでした。
なんだか田舎のおじーちゃんのところに遊びに来たようなとても懐かしいような感覚。

この写真は、昨年の江ノ島クラスのときの一コマから。
010_2.jpg

先生を囲んで話していると、なんというか、勇気付けられるというか、エネルギーをもらえるというか。 自然体であることのよさを教えてもらった気がします。そのほとんどは他愛もない話なんだけれどね。なぜだか不思議。
話はつきず、お店を出ててからも何度もみんなでハグしながら、また次の再会を誓ったのでしたー。
私は、ロミロミに出会ってから、カラダへの興味はどんどん深まってきたし、フィジカルな癒しがメンタルな癒しにも繋がったりすることの面白さも発見したり、と、すごく充実しています。素敵な仲間たちとの出会いもあったしね。
いろんな意味で、本当にいい「出会い」をしたなー、と思ってます。
これからも、日々学ぶ姿勢を大切に、この手にもらったギフトを大事に育てていきたいいなぁ。

来年3月のカウアイ島でのスクール、行きたい気持ちがまた自分の中で大きくなりました。
10日間の休みは、会社勤めの身にはかなりチャレンジングなんだけど。。。なんとかしたーい!





テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

チューク諸島ダイビング[Day2]

2日目の朝は、スッキリしない曇り模様。。。 えーんっ。
でも、ボートでの移動中、ちょっとだけ青空ラシキモノが透けて見え隠れしてみたり。

リクエストしていたキミシマ環礁方面も、灰色のあつーい雲に覆われています。

というわけで、今日はインリーフの「Sand Paradise」と「Sand Castle」へ。

まずはこのパステルブルーの海と、色とりどりのハナゴイたちから!

DSCF3562.jpg

DSCF3518.jpg

今年は、クラゲがたくさん発生していて、いたるところにプカプカ浮いてます。
触っちゃうと大変だけど、見ている分には、淡いピンクのポンポンした玉がブルーの海に溶け込む感じがなんとも絵になるんよねー。
この右の写真、ちっこくてわかりづらいけど、クラゲにくっついたコバンアジちゃんです。プカプカ漂うクラゲに一生懸命寄り添って、一緒に泳いでるの。カワユイー
追っかけまわすと、必死にクラゲの反対側に回ろうとするんだけれど、ゼッタイ離れないのね。(笑)

DSCF3547.jpg DSCF3575.jpg


ハマクマノミ3連発。
このねー、鼻先っちょのところの白くてまるっこい感じと黒目がちな瞳がかわいくてたまらんのよねー。
どこで見ても、何度見ても、思わずしつこく激写しちゃうんだなー。

DSCF3586.jpg

DSCF3525.jpg

この子は、ちっちゃな穴から一人だけ飛び出て、水面を見上げています。
どうしたのかしら?と思ったら、穴の中には、ちゃーんとイソギンチャクのベッドがありました。

DSCF3587.jpg

ふと砂地を見ると、大迫力のでっかいンコがっ!!
これを落としたであろうナマコさんは見かけず。。。

DSCF3583.jpg

エダサンゴ畑がずーっと広がって。。。
水面には雨の後がポツポツ見えます。

DSCF3643.jpg

安全停止中も、サンゴに群れるお魚さんたちとずーっと遊んでいました。
ガイドのリオはもうとっくにボートに上がってしまったけれど、その後も私たちはダラダラと潜り続けて、1時間ぐらいは粘っちゃったかな。

DSCF3593.jpg

モエン島に戻ってきたころには雨もあがって、夕日が沈む瞬間をとらえることができました。

DSC00353.jpg

DSC00351.jpg

今日のディナーは、リゾートのガーデンでのBBQです。
じゃ、じゃん!肉!肉!ロブスター! 豪快っ!

DSCF3664.jpg

ローカルの女の子や若者が、ダンスを披露してくれました。女の子のダンスは、タヒチアンというかハワイアンというか、そんな感じ?男性の方は、スティック・ダンスといって、これはチュークの伝統的な踊りのようです。棒を持って、汗だくになりながら躍動感のある踊りを見せてくれました。

DSCF3658.jpg

DSCF3663.jpg

カンパーイ!でゴキゲンな私たちと、右は、2つとなりの部屋に滞在しているお気楽オージー。なぜかいつもこのカンガルーを連れてます。ボートの上にも連れ込んで! ちなみに、このときは、バーでビールを4本も開けてました。(えっ???)

DSCF3668.jpg DSCF3676.jpg


前日の様子はコチラ
チューク諸島ダイビング![Day1]

テーマ : ダイビング - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


前のページ «  ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。