プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳・登山編 【Day1】

7月25-26日で、白馬岳に登りに行ってきました~
昨年富士山に登った仲間たちと、誘われるがまま、、、。
いきまーす!だなんて、いきおいで言っちゃったものの、でも、山小屋一泊だなんて、アイゼンが要るだんてっ。こないだ大雪山では事故があったばっかりだしっ
ダイジョブなんやろかぁ~


前日の金曜日に白馬入りして、翌日に備え、朝は5時にタクシーに乗って上り口の猿倉まで、車で20分ほど。タクシーの運ちゃんは、冬はなんと八方スキースクールでインストラクターをしている方で、ちょっと話に盛り上がっちゃいました。
入山の書類に書いたユニット名は、「苦楽部達人」。深いイミはありませんが、イキオイで。。。
達人ことS木隊長以下6名の隊員、出発しまーす!

hakuba001.jpg hakuba002.jpg

今回の行程図はコチラ。
猿倉から大雪渓を登って、白馬岳山頂の山小屋で1泊、それからずーっと尾根伝いに歩いて、小蓮華山、白馬大池から乗鞍岳を越えて、栂池の自然園ロープウェイ口まで下ってくるコースでーす。

初日から、高低差はイッキに1600mそれって、富士山の五合目から山頂までよりもあるんですって。ますます、だいじょぶなんやろかぁ~。。。

朝6時に猿倉を登り始めて1時間ほど。途中、車が通るのを道の脇によってよけて・・・・・って、ん?ナニソレー?車が通れるってドユコトー???(笑)

でも、ここからが本番。大雪渓の入り口、白馬尻小屋に到着。ここから先は、正真正銘、人の足でしか登れません。 
その向こうに広がるのが大雪渓。7月も終わりだとゆーのに、まだたくさん雪が残ってます。

hakuba003.jpg hakuba004.jpg

アイゼンつけたら、こんなカンジ。初めてです。駅前のショップでレンタルしてきたの。山頂の山小屋で返却できるそーです。
hakuba005.jpg

天気がいまひとつだったのだけれど、登り始めたら、ぱぁ~っと青空が広がってきて・・・!!
Photo by So
IMGP2037.jpg

大雪渓の途中では、落石のキケンがあるので休まないで!って。。。
2-3時間はかかるのに、途中休みナシですわよ。ゼィ、ゼィ。。

hakuba007.jpg hakuba008.jpg

そこらじゅうに大きな石がゴロゴロしてるのね。これ、全部落石???
どやっておっこってくるんやろか??と思ってあたりを見回していたら、「パリーン!カラカラ」みたいな音がして。音の方向に目をやると、雪渓のわき道みたいなところから、大きな石の塊が転がり落ちていく場面に遭遇!!  「ラク~っ」と叫んで、下の人たちに知らせるのがオキテなんだそうだけど、ちょっと!ビビッただわよ。だって、人の列のあたりを突っ切って転がり落ちていったし、ものすごい速さなんだもん。。。あれ、あたったらホント、大変だわ!!

しばらくすると、雲の上にでましたー。雲海、キレイ~
hakuba009.jpg

一足先に雪渓を抜けた私と隊長は、お昼ごはんの場所探しに、岩場をさらによじ登る。。ぜんぜん平らにならないじゃなーい!急だよ、急!
クルマユリが大雪渓を見下ろしてます。見える?アリンコ軍隊みたいな行列が一列になってワシワシ登ってきます。。。
人ってちっぽけだなぁ~、と、妙に感動。
hakuba010.jpg

岩場のスミで、お昼ご飯ターイム。
ココで、なんと私はブヨにおでこを刺された!!!あっという間に腫れが広がって、おでこにでっかいタンコブみたいなのができちゃった。ひぃ~ん。このあと3、4日腫れがひかなくて、ひどい目にあいました。
hakuba015.jpg hakuba018.jpg

岩場の葱平(ねぶっかぴら)を抜けると、今度は小雪渓を横切りマース。
この看板、スリップ注意のほうはわかるんだけど、滑落注意の方は、どう見てもよろこんで自ら飛び出している人にしか見えない。。。(笑) でも、ここ、マジで滑落したらシャレにならない高さと傾斜です。振り出しに戻るなんて、絶対イヤよ~!!
hakuba020.jpg hakuba021.jpg

E子と私、スキーヤー的には、「ん~、いい斜面だっ!」
DSC00184.jpg

この行程、何がキケンて、大雪渓抜けてから次の山小屋まで6時間ぐらいかかるのに、トイレがないっ もう、このあたりからタイマーがピコピコ言い出した私は、先に行くね!と猛ダッシュでガシガシ登る登る。この右上の山小屋目指して!イザとなったときの人間の力って、すごいもんだな、とわれながら感心!

DSC00186.jpg

小屋についたとたん、外は雨が本格的に。。。
しばらく休んでから、ここから山頂ヒュッテまでは30分ほど。あともう少しでーす!
一瞬、富山県側から日本海が見えましたー。お天気がよければ、ここからの眺望はスバラシイはず。。。
hakuba023.jpg

14時ごろには到着ー。
山頂ヒュッテは、意外にも巨大!ストーブもたかれていて、結構快適。

hakuba024.jpg hakuba025.jpg

でも、ついたら外はしっかり雨。低気圧が近づいているらしく、風もだんだん強くなってきているし。
外にお散歩にはいけないので、一休みしてからレストランでかんぱーい!
高山病でプチ・グロッキーなE子は、そのままストーブの前で倒れてます。
標高3000mちかいこんなところで、ホラ、ちょっとしたビアホールみたいでしょ?ワインやケーキなんかもあって、ヨーロピアンなムードたっぷりだったのでした。
右は本日の夕飯。ハンバーグ定食ぅ!あったかいご飯が食べられるのは、本当にうれしいことです!

DSC00197.jpg hakuba026.jpg

夕食後は雨風さらに激しさを増して、小屋がふっとぶんじゃないかぐらい揺れてました。。。
そんな中でも、よく食べ、よく寝る健康優良児は、8時には一番乗りでオヤスミナサイ。。。

【Day2】につづく・・・

スポンサーサイト

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

白馬岳・登山編 【Day2】

山小屋の朝は早い!
起床は4時、朝ごはんは5時です!5時前には食堂にものすごい列ができてて、びっくり。
隊長は、どうやら高山病にやられたらしく、朝から酸素吸入しまくってます。
前日も早起き&体を酷使したにもかかわらず、ほとんど寝られなかったというH田さんは、朝方ちょっと寝入ったスキに、「高校生がウンタラカンタラ。。。利益率ばっかり求めてどうするんだっ!?」みたいなことを寝言で叫んでました。女子高生(あ、そうとは言ってないか。単なる高校生ね。)と利益率?何の夢を見てたんだか。。。ナゾです。(笑)本人も覚えていないらしい。。。

さて、昨晩の暴風雨はおさまって、今日は曇りながらも少し穏やかになりました。よかったー。
朝8時ころかな? ヒュッテを出発でーす。

hakuba027.jpg

30分ほど登ると、白馬岳山頂へ!標高は2932mです。
hakuba030.jpg

そこから、尾根伝いに歩け歩け大会のはじまりぃ~!
hakuba040.jpg hakuba039.jpg

雪が残っているところが、ゴルフ場のコースみたいな模様になってます。
Photo by So
hakuba035.jpg


ちょっと雲も上がって、下界が見渡せるようになりました!!
こうなったら、カメラ小僧の本領発揮とばかりに、Soくんが撮ってくれたパノラマ写真。
Photo by So
クリックで拡大
IMGP2083 Panorama_edited-1


三国境を過ぎたあたりで、コマクサの群生に遭遇。
そんな中で、トレイルのど真ん中にぽっちり咲いているコマクサちゃんを発見
しばし撮影ターイムっ 
気がつけば地面にはいつくばって魅惑のローアングルから激写しまくり

hakuba041.jpg

Soカメラマンの激写フォトがコレ。さすが、デジ一 カワユイ~ んー、人気あるの、わかるなぁ、コマクサちゃん。朝露の感じがなんともステキです。
Photo by So
コマクサ

IMGP2128.jpg

小蓮華山を越えてしばらく行くと、今度は雷鳥ハンターT淵さんが岩場でウゴウゴしている雷鳥を発見!!女子チームがトイレ目指して先を急ぐ間、男子チームが粘って粘って雷鳥を見つめ続けていると、なんと近寄ってきて、そのままトレイルを横切り、飛び立っていったそーな
なんて人見知りしない子なのっ?と思ったら、雷鳥の敵はオコジョなんだそうだけど、人間がいるとオコジョがこないので、雷鳥は人間にはかえって近寄ってくるのだそーです。

Photo by So
ライチョウ

白馬大池につくころには、また雨が降り出してきて。。。
小屋で休憩している間に本降りに。あーん。雨かいっ。辺りも雲でほとんど視界がない中、乗鞍岳山頂に向けて出発です。このとき、もう1時半ぐらい。思ったより時間かかってます。
でも、この道のりがまた景色がガラっと変わって面白かった!岩の上を伝って、ピョンピョン登っていきまーす。

hakuba045.jpg

下りのコースは、大きな岩の間を四つんばいになって抜けていきます。途中雪渓をまた横切ったりして、ちょっと幻想的なカンジ。
hakuba047.jpg hakuba046.jpg

結構必死でしょ!?
hakuba048.jpg

・・・で、このあたりから、いよいよ本格的に雨・雨・雨!ここからがまだまだ長かったのだけど、ヨユーなくなって、写真はほとんどとれてませーん。
沢下り状態のトレイルをジャバジャバになってさらに下ること2時間ほど。。。
最後の最後でガケ崩れのあとでトレイルがなくなっているところをロープでわたったりと、かなりスリリングなカンジでした。

hakuba049_20090802202058.jpg

ようやく栂池の登山口に到着ー! さすがに疲労の色が濃いでちゅな。そりゃそーだよね。だって、あの山のてっぺんから下ってきたんだモノ!!よくがんばりました!
 hakuba050.jpg hakuba051.jpg

ロープウェイで下って、温泉で汗を流してから、帰路につく前にお蕎麦屋さんでお疲れ様会でーす。カンパーイ!

hakuba052.jpg

いやー、長い2日間だったわぁ。がんばった、がんばった!
富士山からの眺めは、それはそれですばらしかったけれど、こういう変化のある行程も面白いなー、と思いました。途中出であった高山植物たちが、キレイでかわいらしかったし。

でも、づがれだーっ

テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

白馬岳・高山植物編

白馬で出会った高山植物たちです。
花の名前はほとんど知らなかったのだけれど、少しわかるようになるとまた楽しいんだろうなぁ~、と思いました。
ダイバーが、ウミウシ見つけては喜んで写真とりまくるのと一緒ね!?

というわけで、ポケット図鑑と照らし合わせて、名前がわかったのはほんの一部ですが。。。

左はいきなり名前がわかりましぇん。この右のは、線香花火みたいでかわいかったなぁ。小さくて。。

hakuba012_20090802200143.jpg hakuba013.jpg

えんどう豆・ミニみたい。 右のはミヤマクワガタ?
hakuba014.jpg hakuba029.jpg


水滴が、あまりにもキレイだったので。
水中でも、どこの海に潜っても必ず一枚は、あまりのキレイさに水面をあおってなーんにもいないブルーとバブルを撮ってしまうのだけど、コレは、それに通ずる「大好きな」感じの一枚です。
hakuba016.jpg

右はミヤマシオガマ。
左は、図鑑を調べたけれど、似たようなのがいっぱいあって、よくわからなかった。。
見分けのコツは、実はお花のほうじゃなくて、重に葉っぱとかガクの形の違いなんだとゆーことを、帰ってきてから知りました。写真はお花ばっかりアップで撮ってるから、ほとんどわからないんだなぁっ。これが。残念!
hakuba017.jpg hakuba022.jpg


イワベンケイ。この水滴がついてる感じがステキ。
hakuba031.jpg

ピンクのお花2つ。右のはナントカイワカガミ・・・的な。。。
hakuba032.jpg hakuba036.jpg

これも名前はわからないけれど、花びらのはかなさゲなところがお気に入り。
hakuba034.jpg

コマクサちゃん
hakuba038.jpg

お花畑満開! 左の奥のほうに咲いているのは、ちょっと大きめでスリムなコバイケイソウ。何度聞いても「えっ?小林敬三?」みたいな。。。(笑)
hakuba043.jpg hakuba044.jpg

シロツメクサ。名前は知っていたけれど、これがそうなんだー。ちっちゃくって、岩の間に一生懸命生えている可憐な感じがいいよね。
イワツメクサ 

クルマユリ。これもあちこちに咲いてたなぁ。小ぶりのユリで、元気が出そうな感じのお花です。
クルマユリ


紫のお花2つ。色の感じが素敵。。。水滴フェチの私には、どちらもたまりませんわ。。。
ミヤマオダマキ。
ミヤマオダマキ

ミヤマクワガタ。・・・でも、何でクワガタ!?
ミヤマクワガタ

最後に、一番のお気に入り。これはSo カメラマンのデジ一写真から拝借した一枚ですが、ツマトリソウ。めしべの黄色いのと、とんがった花びらのさきっぽの淡いピンクがあまりにもかわいらしくて。。風車みたいじゃない?
Photo by So
ツマトリソウ


テーマ : 登山 - ジャンル : スポーツ

お誕生日にロミ

昨日は、ちょっと遅ればせながらの友人のお誕生日祝いに出張ロミしにいってきましたぁ。
b01e.jpg

本人的に自覚症状があるという肩・腰あたりの張りは、意外とそれほどでもないかなー、と思ったのだけれど、日ごろの疲れがタップリたまっていたらしく、首、背中から下半身にかけて「詰まってる」っていう表現がピッタリな感じで。。。お疲れ様!

とろ~んとリラックス、で気持ちよくぷかぷか眠りと覚醒の境界線あたりに行ってもらえるといいなぁ~、という思いをこめて施術したのですが、結局結構ガッツリコースに。(笑) 
終わったあとは、体がポカポカして暑くなってきたようだったので、少し流れてきてくれたのかな?

あっという間に夕食時になってしまったので。ペコペコのおなかをかかえて、ステーキ食べにGo!
気がつけば、3時間以上も長居しておしゃべりしてましたぁ。

ロミロミをしたあとは、不思議なことにいつも、やっている私の方も、気分的にも体的にもほぐれるような気がするんですよねー。なんとなく、ここのところ感じていた気分的なモヤモヤも晴れてきた気がして。スコンと、目の前にあるものをそのまま受け入れて、向き合えるような気分になりました。本当に不思議。

施術をした後は、翌日の体調がとっても気になります。すっきりしてくれたかなー?疲れはとれたかなー?と。今日もらったメールでは、どうやら体も軽く感じられたようで、よかったぁ、と一安心です。

・・で、私はというと、私もロミしてもらいたーい!・・・というわけで、今日は思い立って、久しぶりに近くのラウレアさんに行ってタップリ2時間揉み解してもらってきましたー! 


テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

ボディワーカー・トレーニング

お盆のお休みを利用して。。。
今日から4日間連続でのボディーワーカー認定資格取得のためのトレーニングに参加です。

先日触察ベーシック講座を受講したOPENPATH主催のもので、まずは筋膜リリースを行うワーカー(fascia worker)となるためのトレーニングで、今回と、年末と2回に分けて勉強していきます。
一緒に受る仲間たちも、私のようなフツーのOLから、ダンサー、理学療法士さんなどさまざま。
ロミロミと違うのは、男性の比率も半分ぐらい(ロミロミは圧倒的に女性!)ってことかな。

講師の小川さんと斉藤さんは、ちょうどボディワークに関する本を出版されたばかり!

これがボディワークだ―進化するロルフィングこれがボディワークだ―進化するロルフィング
(2009/08)
小川 隆之斎藤 瑞穂

商品詳細を見る


ロルフィングやボディワークに関する歴史やこれから、そしてテクニック・レシピも載っていて、なかなか読み応えアリそうです。

今日のトレーニングでは、呼吸・肩甲骨の動きに使われる筋肉を対象に、触察法と基本的なリリースを学びました。
特定の動きの元となっている筋肉を確認しながら、詰まりや癒着の具合を見ていくのは、ロミロミにも応用できるので、かなり有意義なものになりそうです!
ロミロミは、静的なクライアントの筋肉に対して適度な圧をかけながら緩めたり、滞りを流していくものだとすると、ボディワークの方は、クライアントに主体的に動いてもらいながら、緊張でこわばってしまっている筋肉や滞っている動きの調整を図っていく感じです。

今日の一番のオドロキは、胸周りの筋肉のリリースをすると、見た目でも違いがわかるぐらい、あがっていた肩がスッと落ちて胸が前に出てきたり、呼吸が楽になるんだぁ~、ってこと!

緊張が続いているときや、ストレスがたまっているときは、だいたい呼吸も浅くなってることが多いのだけれど、そんなときには呼吸を楽にしてあげるだけでも、気分的にほぐれてストレスの緩和になるのじゃないかなぁ。
心と身体はつながっていることを実感です。

動き・コンシャスを目指して!

さて、また明日もがんばりまーす!

テーマ : 癒し・ヒーリング - ジャンル : 心と身体

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。