プロフィール

むみたん

Author:むみたん
冬は雪山へ、夏は海にもぐりに、ときどき石鹸作って、ロミロミはするのもされるのも大好き♪ ボディワークの面白さにも目覚めて! ・・・そして、平日は、がんばるOLのむみたんです!

SAJ(全日本スキー連盟)正指導員
HHAマナロミ(ロミロミ)レベルIセラピスト
OPENPATH認定ファシャワーカー

カテゴリ

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ(タブ)

最新記事

最新コメント

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

 

FC2カウンター

まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鹸洗顔のススメ 【石鹸】

20090306022526
もともと、スッキリした洗い上がりが好みなので、石鹸洗顔派のむみたんでしたが、手作り石鹸の洗い心地は、比べものにならないぐらい!

混合肌なので、さっぱりしたい、でも潤いは残したい。
これまでいろんな洗顔料を試したけど、昨年夏から手作り石鹸を使い始めて、もう戻れない体になっちゃったよぅ~。


洗顔フォームは、うるおいは残るけれど、今ひとつスッキリ感がないし、市販の洗顔石鹸は、乾燥しすぎちゃう。夏はいいけど、冬は保湿に気を使わないと、ときどき皮膚が強張ったり粉ふいたりしちゃっていました。
D○Cのマイルドソープや、清○晶→オリーブ石鹸(釜炊き)→手作り石鹸へとたどりついたわけです。



1.お湯で洗う

2.水に濡らした泡立てネットで石鹸をこすって、よ~く泡立てる

泡立てネットの根元と先っぽを両手でつかんでグルグルすると、CMに出てくるみたいな泡がよ~くたちます。

3.よーくすすいで二度洗い

4.石鹸シャンプーしたあとのクエン酸リンスで、ついでにお顔もリンス

→髪だって、あれだけクエン酸リンスでつるつるしなやかになるんだから、顔にだって、悪いわけないし!と思ってやってみたら、やっぱり○。
しっとりつるつる度がアップするのね!
お試しアレ~。

白馬八方で滑りまくり! 【スキー】

20090308232646.jpg

週末は、ハーウェルスキークラブにお邪魔して、八方ですべりまくりツアー、行ってきました!
もともとは、モルディブのダイブクルーズで知り合った仲間なのだけれど、同じ都連に所属するスキークラブのメンバーでもあるんです!

天気もサイコー! 後ろの山が迫ってくるようでしょ!?
でも、ゲレンデはもう3月下旬の感じ。
雪はグサグサで、足はもう限界!でも、滑り出すとやめられな~い。

来週、ここで技術選手権が行われるので、たくさんの選手たちが練習に来ていました。
スピード感タップリの迫力あるすべりは、上から下から、横から、どの角度で見ていても「うぉー、すげー!!」って感じ。
とまった宿には、岩手県連の選手が合宿していて、朝ごはんのときに竹鼻デモを見かけました。

日曜日のお昼ごはんは、名木山ロッヂで、名物の名木パンと大盛パスタでご満悦♪
20090308232651


↓これが名木パンです。カステラと蒸しパンのあいのこのような感じ!?
バターとジャムをつけて食べると、サイコーです♪
20090308232656.jpg

うぅぅ、あうぅぅ。脚の筋肉痛がmaxでございます。

にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ
にほんブログ村

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

再・石鹸と水の相性 【石鹸】


IMAGE051.jpg

せっかく書いてた記事が、ちょっと書き足そうと思って編集してたらPCがフリーズして消えちゃった。。。(涙)
というわけで、気をとりなおして、もう一回。

硬水だと石鹸カスが出るから、水によっても石鹸の使い心地が随分変わるってことについて。
スキーやダイビングであちこち行って石鹸で頭洗っているから、すご~く実感するのよね。
やたらとつるつるするとか、流したあとも、なんだか残っているような~、でもこれっていいのか、悪いのか!? とか。

それで、ちょっと真面目に調べてみようと思った訳です。

●硬水って?カルシウムとマグネシウムの含有量で決まります。
『硬度』でその程度が表されるのだそうで、100以上が硬水に分類されるとのこと。

●地域による差
都道府県はもとより、浄水場によっても、また、時期によっても硬度は異なってくるようで、低いところでは一桁台とか、高いところでは、300を超えるところもあるみたい。

硬度については、コチラのサイトに分かりやすく書かれていました。

これでみると、むみたんのすんでいる地域(横浜)は、だいたい50-60ぐらい、ってところみたいね?

おおざっぱには、

■島では軟水、大陸では硬水
■同じ島でもさんご礁では硬水
■温泉では、アルカリ泉やナトリウム泉は軟水
■同じ温泉でも、硫黄泉などは硬水で石鹸が効きにくい
■軟水では、石鹸を使った後に脂肪酸がそのまま残るので、つるつるした感じに。
■硬水では、脂肪酸が石鹸カスになって、キュッキュッと軋むような感じに。
■硬水では、ココナッツ油のような耐硬水性のある石鹸の方が適している


みたいな感じらしいです。

フムフム、なるほど。
あの、石鹸流したあとのツルツル感は、軟水のおかげだったんだぁ~!
お肌にもよいのネ!?
なんとなく、温泉=ミネラル豊富で硬水!?とか思ってしまったけれど、
実はそうでもなくたいていの温泉は軟水だったんだぁ~。

で、スキーやダイビングであっちこっちに行ったときの石鹸の使い心地を
思い出せる限り書いてみると・・・

■蔵王・・・ちゅるちゅる
■万座・・・キュッキュッ
■菅平・・・つるつる
■六日町(新潟)・・・てゅるてゅる
■石垣島・・・しっとりしなやか
■白馬・・・洗った直後はつるり、シャンプーして乾いた髪の毛は、弾力があってコシとハリのある感じに。
■熱海・・・ちゅるちゅる
■ハワイ島(コナ)・・・つるつるしっとり



温泉地が圧倒的に多いけれど、使用感は大体自宅で使うときよりもよいみたい。
ヨーシ、いろいろなところでもっと調べてみよう♪ 

「軟水銭湯」なるものもあるみたいだけれど、
残念ながらむみたんちの近くにはないみたいです。。。

コレを読んでくれているアナタ、そう、通りがかりのそこのアナタ!!

すんでいる地域や、行った事のある場所と、そこの水での石鹸の使い心地、是非教えてくれるとうれしいナ♪
気軽にコメントしてね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

テーマ : 手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル : 趣味・実用

ジェルソープ 【石鹸】

20090313235755

ペットボトルで作る派のむみたんにとっては、使用後のペットボトルに残ったタネをジェルソープにして使うのも、お楽しみの一つになってます。

1週間ほど放置したあとにお湯を適当にそそいで溶かしたら、100均で買ってきたポンプに移してお風呂場や台所においてます。

そこで、素朴なギモン。だいたい本やネットで見ても1週間おいたらお湯をそそいでいいよ、って書いてあるのよね?
でも、型入れしてカットする方の石鹸は、1ヶ月も熟成させて、徐々にアルカリが下がってマイルドになっていくのに、何で残った方の石鹸は、1週間で使っていいことになっているんだ!??

泡は問題なくたつけれど、もしかして、アルカリ度の高~いキツいジェルソープになってるんやろか!?

このジェルソープ、食器洗いにはとっても重宝。油汚れもスッキリだし、泡切れも早い。

ついでにシンクや洗い桶もタワシでこすっちゃうと、ヌメリもとれてキレイになっちゃう。・・・ような気がする。けど、これってホントなのかなぁ??

テーマ : 手作り石けん&手作りコスメ - ジャンル : 趣味・実用

OSC 3月スキーキャンプ 【スキー】

3連休は、菅平高原で、クラブのスキーキャンプでした!

2班、3班の皆さん
DSC00045_2.jpg

私が担当したジュニア1班のキッズ達と
DSC00041.jpg

総勢60名近い大所帯、下は3歳から、上は72歳までと、老若男女入り乱れての講習会となりました!
スキーってやっぱりすごいなー、と思っちゃいました。これだけいろいろな人たちが、スキーっていう共通語でひとつになって楽しめるって。雪山を愛する心は、みんな変わらないんですね。

ただ、天気がね~、1日目はホワイトアウト状態でほとんど何も見えず、2日目はピーカン・サイコー!だけど、午後になると雪が解けてグジョグジョ。そんな中でもキッズたちは元気いっぱい。タイムレースも盛り上がったよね。3日目は、朝から大雨・強風でリフトも動かず、メインイベントの1・2級バッヂテストが中止なってしまったのは残念!
まー、飛行機がひっくりがえっちゃうぐらいの大風だったわけなので、仕方ないか。。
自然相手のスポーツだから、こればっかりはしょうがない。(-_-;)

夜の宴会でも、大・ゲーム大会で汗かいてみんなで奮闘!
DSC00064_2.jpg
DSC00068_2.jpg


バッチテスト4級合格おめでとう!DSC00072_2.jpg

そして、3級合格も。おめでとう!
DSC00074_2.jpg


DSC00060_2.jpg


初めて主任講師をつとめたこともあり、ハプニングもいろいろあったけれど、クラブ員もお客さんも一体となって、「みんなで作ったキャンプ」は、とっても思い出に残る宝物になりそうです。

準指をとって初めて教えた、当時は小学校にも上がっていなかったキッズが、もう6年生になって、いつのまにかすっかりお兄さん・お姉さんらしく、小さい子たちの面倒も見てくれるぐらいに成長した姿を見て、ちょっと感動でした。悪ガキだったboyから、短いけれど心のこもった「ありがとう」のお手紙をもらって、思わず涙もしてしまったり。。
私もみんなに育てられているんだなぁ~、と実感。こんな体験ができるなんで、指導員を取らせてもらったことに、感謝です!

来年も、また一緒に滑ろうね!約束だよ!!



テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

| ホーム |


前のページ «  ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。